2017年03月25日

購入記録(2017.03.25)

ジェフリー・ディーヴァー 魔術師(上) 文春文庫 ¥859
ジェフリー・ディーヴァー 魔術師(下) 文春文庫 ¥802
ジェフリー・ディーヴァー 12番目のカード(上) 文春文庫 ¥823
ジェフリー・ディーヴァー 12番目のカード(下) 文春文庫 ¥864
グレッグ・ベック クウォトアンの生贄 (上) 竹書房文庫 ¥756
グレッグ・ベック クウォトアンの生贄(下) 竹書房文庫 ¥756
ファーガス・ヒューム 質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿 国書刊行会 ¥2,268

『魔術師』と『12番目のカード』は〈リンカーン・ライム〉シリーズ。
現在は第4作目の『石の猿』を楽しんでいます。
『魔術師』は題名からして,かなり期待できそう。
この2作を読み終えたら,次はいよいよ『ウォッチメイカー』となります。
『クウォトアンの生贄』は南極を舞台としたホラー小説かな。
ラヴクラフト的なものを感じさせる響きが心を惹きます。
『質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿』はヴィクトリア朝を舞台としたミステリィ。
主人公がロマの美少女というのが非常に面白そう。
楽しめるといいなあ。

〈2017年書籍購入覚書〉 計47冊
posted by 森山樹 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月22日

購入記録(2017.03.22)

江戸川乱歩 明智小五郎事件簿(4) 集英社文庫 ¥626
江戸川乱歩 明智小五郎事件簿(5) 集英社文庫 ¥691
宮崎市定 水滸伝 虚構のなかの史実 中公文庫 ¥907
井波律子 中国侠客列伝 中公文庫 ¥1,134

『明智小五郎の事件簿』は第1巻を読了したことを契機に5巻まで購入。
久しぶりの再読となりますが,やっぱりこの世界観は大好き。
此処からは主に長篇が主体となることもあって読み応えありそう。
横溝正史の再読もしたくなってきてしまいますね。
『水滸伝 虚構の中の史実』と『中国侠客列伝』は同種の作品。
どちらも小説ではありません。
久しぶりに中国史にも身を置きたいところであります。

〈2017年書籍購入覚書〉 計40冊
posted by 森山樹 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月21日

購入記録(2017.03.21)

ブライアン・ラムレイ 旧神郷エリシア 創元推理文庫 ¥1,188
北原尚彦 ホームズ連盟の事件簿 祥伝社文庫 ¥648

『旧神郷エリシア』は〈タイタス・クロウ・サーガ〉の完結巻。
しかし,前作の『ボレアの妖月』をまだ読んでいなかったりします。
面白いのは面白いのですけれどねえ。
『タイタス・クロウの事件簿』の路線の方が好みでした。
ちょっと残念。
『ホームズ連盟の事件簿』は〈シャーロック・ホームズ〉のパスティーシュ集。
作者が作者だけに問題なく楽しめる筈。
多分,読んでいない作品だと思われます。
紛らわしい作品名が多いのは困りものです。

〈2017年書籍購入覚書〉 計36冊
posted by 森山樹 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月19日

購入記録(2017.03.19)

ジェフリー・ディーヴァー エンプティー・チェア(上) 文春文庫 ¥788
ジェフリー・ディーヴァー エンプティー・チェア(下) 文春文庫 ¥788
ジェフリー・ディーヴァー 石の猿(上) 文春文庫 ¥832
ジェフリー・ディーヴァー 石の猿(下) 文春文庫 ¥792
江戸川乱歩 明智小五郎事件簿(1) 集英社文庫 ¥518
江戸川乱歩 明智小五郎事件簿(2) 集英社文庫 ¥626
江戸川乱歩 明智小五郎事件簿(3) 集英社文庫 ¥734

『エンプティー・チェア』と『石の猿』は〈リンカーン・ライム〉シリーズ。
『ボーン・コレクター』と『コフィン・ダンサー』ですっかり嵌ってしまいました。
騙される心地良さがたまらなく素敵です。
早速『エンプティー・チェア』の読書に取り掛かりたいものです。
『明智小五郎事件簿』は集英社文庫の企画もの。
〈明智小五郎〉シリーズを年代で追うというのは面白い。
再読を兼ねて追いかけてみたいと思います。

〈2017年書籍購入覚書〉 計34冊
posted by 森山樹 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月13日

購入記録(2017.03.13)

峰守ひろかず こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 電撃文庫 ¥659

〈ビブリア古書堂の事件手帖〉の番外篇を購入してみました。
理由は作者が峰守ひろかずだったことに他なりません。
何処まで〈ビブリア古書堂の事件手帖〉の雰囲気を醸し出しているのかなあ。
妖怪が出ない作品というのが寧ろ新鮮であります。
ビブリアファイトを如何に物語に落とし込んでいるのか楽しみ。
先ずは本篇の完結篇を読むことが先決でありますけれども。

〈2017年書籍購入覚書〉 計27冊
posted by 森山樹 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録