2016年07月14日

購入記録(2016.07.13)

高田崇史 神の時空 五色不動の猛火 講談社ノベルス ¥1,037
井上真偽 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた 講談社ノベルス ¥1,037

『神の時空 五色不動の猛火』は〈神の時空〉の第7作目。
舞台が東京の五色不動というのは楽しみ。
但し,本篇にあまり魅力がないのが残念でなりません。
〈QED〉の続きを書いて貰えないものですかね。
残る1冊で何処まで物語がまとまるかと言ったところでしょうか。
『聖女の毒杯』は『その可能性はすでに考えた』の続篇。
此方も前作が微妙だったのですが,悪くはない筈。
とりあえず読んでみたいと思います。
『恋と禁忌の述語論理』の方が好みではあるのですけれどね。
posted by 森山樹 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録