2017年01月29日

購入記録(2017.01.29)

市川哲也 屋上の名探偵 創元推理文庫 ¥778
瀬那和章 花魁さんと書道ガール(2) 創元推理文庫 ¥700

『屋上の名探偵』は〈名探偵の証明〉シリーズの前日譚なのかな。
短篇集という体裁を取っています。
これが面白かったら,〈名探偵の証明〉シリーズも読んでみたい。
現段階では文庫化されていないのが難点ではありますけれども。
『花魁さんと書道ガール』は前作が悪くなかったので購入しました。
割と日常の謎には飽き飽きしているのも事実ではあります。

〈2017年書籍購入覚書〉 計8冊
posted by 森山樹 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年01月23日

購入記録(2017.01.23)

田中芳樹 ラインの虜囚 講談社文庫 ¥670
森晶麿 僕が恋したカフカな彼女 富士見L文庫 ¥670

『ラインの虜囚』は単行本とノベルズに続いて3度目の購入。
大好きな作品なので全く惜しくありません。
田中芳樹にはこの系統の作品も書いて欲しいものです。
勿論,シリーズものを完結させることが最優先ですけれどね。
『僕が恋したカフカな彼女』は作者買い。
自分好みの作品だと嬉しいのだけれども。
カフカは殆ど読んでいないのが問題となりそうです。

〈2017年書籍購入覚書〉 計6冊
posted by 森山樹 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年01月16日

購入記録(2017.01.13)

ジュリー・ベリー 聖エセルドレダ女学院の殺人 創元推理文庫 ¥1,188

女子寄宿舎を舞台としたミステリィというだけで楽しみ。
更に7人の少女がその特技を生かして協力するというのが魅力的。
額面通りならば,かなり好みの作品と言えそうです。
実際には読んでみないと分からないですけれどね。
ヤングアダルト系の作者という点だけが不安であります。

〈2017年書籍購入覚書〉 計4冊
posted by 森山樹 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年01月09日

購入記録(2017.01.09)

加藤実秋 モップガール(3) 小学館文庫 ¥724
エレナー・アップデール 怪盗紳士モンモランシー(2)ロンドン連続爆破事件 創元推理文庫 ¥1,188

『モップガール(3)』は読了済み。
前巻から間が結構あったので人間関係を思い出すの時間がかかりました。
悪くはないんだけど,微妙なところも結構目立つ感じ。
加藤実秋の典型的な作品という印象があります。
『怪盗モンモランシー(2)』は前巻も未読。
恐らくは自分好みの雰囲気が漂うので早めに読みたいところです。
悪漢って格好いいよね。

〈2017年書籍購入覚書〉 計3冊
posted by 森山樹 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年1月書籍購入予定

01.06 加藤実秋 『モップ・ガール(3)』 小学館文庫
01.11 今橋理子 『江戸の花鳥画』 講談社学術文庫
01.12 ジュリー・ベリー 『聖エセルドレダ女学院の殺人』 創元推理文庫
01.13 田中芳樹 『ラインの虜囚』 講談社文庫
01.14 森晶麿 『僕に恋したカフカな彼女(1)』 富士見L文庫
01.20 市川哲也 『屋上の名探偵』 創元推理文庫
01.21 瀬那和章 『花魁さんと書道ガール(2)』 創元推理文庫

割と微妙な感じがする1月の新刊購入予定です。
期待は加藤実秋の『モップ・ガール(3)』かなあ。
シリーズ最終巻ということで如何にまとまるか楽しみ。
勿論,加藤実秋特有の昭和回顧な雰囲気も面白い筈。
後は森晶麿の新シリーズも一応読んでは見るつもり。
〈黒猫〉程に端整な物語だと嬉しいです。
田中芳樹の『ラインの虜囚』は何度も読んでいるけれど,やっぱり買ってしまいそう。
古き良き冒険小説を彷彿とさせる展開がたまらなく好きです。
posted by 森山樹 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定