2019年03月31日

キム・ニューマン『モリアーティ秘録(下)』

〈2019年読書感想9冊目〉
キム・ニューマン『モリアーティ秘録(下)』


セバスチャン・モラン大佐の記述による〈ホームズ〉パスティーシュの下巻。
この下巻には3篇が収録されています。
「六つの呪い」あたりからキム・ニューマンのキム・ニューマンらしさが爆発。
無闇やたらに情報量が多いのが素敵。
恐らくは登場人物の殆どに原典があるのですが,流石に全部は分かりません。
さらりとクトゥルー神話に言及するあたりも個人的にはたまらなく好み。
題名からもわかる通り物語は「六つのナポレオン像」が基になっています。
「ギリシャ蛟竜」は「ギリシャ語通訳」を基にした作品。
正典に記されたモリアーティ教授の設定を巧みに生かしているのが楽しい。
まあ,翻訳は本当に大変だったと思いますが。
分かっていて混乱に拍車をかけるキム・ニューマンの姿勢は大好きです。
幽霊狩人カーナッキの登場はちょっと嬉しかった。
最終作「最後の冒険の事件」はこれまでとは趣を変えた作品となります。
この作品は正典「最後の事件」の裏側に秘められた真相が描かれます。
ここにきて漸くホームズやワトソンの動きが描かれるのが嬉しい。
尤も,モラン大佐の視点故にそれ程格好いいものとは言い難いですが。
ホームズに至っては名前すらも読んでもらえないですしね。
このあたりは如何にもキム・ニューマン作品といった感じがします。
最後の解釈は如何様にも取りようがあるのが心残りかなあ。
何はともあれ,キム・ニューマンの本領発揮と言った作品でありました。
注釈で言及された作品に触れているとなお楽しかったことでありましょう。
モラン大佐の諧謔精神に溢れた語り口も非常に好みでありました。
悪漢小説としても十分に出来のいい作品だと思います。

(創元推理文庫 2018年)

posted by 森山樹 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年03月27日

購入記録(2019.03.27)

笹本祐一 放課後地球防衛軍(2)ゴースト・コンタクト ハヤカワ文庫JA ¥734

『放課後地球防衛軍』の第2巻を購入しました。
第1巻を購入したかは記憶が定かではありません。
購入してても所在が不明というのは困ったものです。
念のため,購入してもいいのだけどなあ。
笹本祐一の作品なので面白い筈。
久しぶりにSFジュブナイル小説を読んでみたいものです。

〈2019年書籍購入覚書〉 計15冊
posted by 森山樹 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年03月24日

購入記録(2019.03.24)

峰守ひろかず 妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ メディアワークス文庫 ¥680
エリー・アレグザンダー ビール職人の醸造と推理 創元推理文庫 ¥1,188

『妖怪解析官・神代宇路子の追跡』は峰守ひろかずの新作ということでの購入。
〈絶対城先輩の妖怪学講座〉が残り1冊の筈。
新たなシリーズの誕生を期待したいと思います。
この作者の妖怪の描き方は大変好みなのですよね。
『ビール職人の醸造と推理』は題名買い。
恐らくはコージー・ミステリィかと思われます。
何処までビールが物語に絡んでくるのか楽しみです。

〈2019年書籍購入覚書〉 計14冊
posted by 森山樹 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年03月22日

購入記録(2019.03.22)

ジェームズ・ロリンズ ユダの覚醒(上) 竹書房文庫 ¥720
ジェームズ・ロリンズ ユダの覚醒(下) 竹書房文庫 ¥720

引き続き〈シグマフォース〉を購入しました。
今読んでる小説を読み終えたら取り掛かるつもりです。
前作はあんまりだったけど,今回は期待したいもの。
ギルドやヴァチカンが出るみたいなので楽しみです。
現在は第13作目まで出ているらしいので早く追いつきたいなあ。
あんまり続けて読むと途中で飽きそうな気もしますが。

〈2019年書籍購入覚書〉 計12冊
posted by 森山樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年03月21日

ジェームズ・ロリンズ『ナチの亡霊(下)』

〈2019年読書感想8冊目〉
ジェームズ・ロリンズ『ナチの亡霊(下)』〈シグマフォース〉


下巻も一気に読み進めてしまいました。
とりあえずは満足なんだけど,前作以上にご都合主義的な面は否めず。
歴史も科学も全て追い払われて最終的に神秘主義に落ち着いてしまっています。
そういうものと思えばいいのかもしれないけど釈然とはしません。
ダーウィンの聖書に記されたルーン文字の解読は素直に好き。
量子論を用いたナチスの陰謀は正直なところあまり理解出来ませんでした。
知的デザイン説の真実も納得がいかないなあ。
最終的に安っぽい奇跡でみんなが救われるというのは好みではないです。
今巻の主役のひとりであるリサ・カミングスは今後も登場しそうな感じ。
シグマフォースに加わることはないでしょうが,外部の協力者としては重宝しそう。
フィオナもその驚異的なスリ能力はいろいろと使い勝手が良さそうです。
アンナとグンターは登場時からの印象がまるで変りました。
ナチスの系譜を受け継ぎながら,ナチではないと言い切るアンナが格好良かった。
残念なのは今回の敵役にあまり魅力を感じなかったところ。
生命倫理を弄ぶに至った経緯は十分に理解出来るものではありましたが。
“釣鐘”の解釈はそのまんま過ぎて,ちょっと拍子抜け。
もっと比喩的なものを期待していました。
全体的に提示された謎は魅力的だったのに,まとめ方が凡庸だった印象があります。
次回作以降に期待をしたいものです。

(竹書房文庫 2012年)


posted by 森山樹 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想