2019年03月18日

ジェームズ・ロリンズ『マギの聖骨(上)』

〈2019年読書感想5冊目〉
ジェームズ・ロリンズ『マギの聖骨(上)』〈シグマフォース〉


米国国防総省の特殊部隊シグマフォースの活躍を描くシリーズの第1作目。
聖書に登場する東方の三博士,すなわちマギの秘密を巡る冒険譚です。
『ウバールの悪魔』で登場したペインター・クロウも司令官として活躍。
カサンドラ・サンチェスやキャラ・ケンジントンの名前も垣間見えます。
このあたりは正しい前日譚として嬉しいところ。
コーラル・ノヴァクがまるで登場しないのは残念ですが,次作以降に期待かなあ。
再編成されたシグマフォースの新たな隊長はグレイソン・ピアース。
そして,モンク・コッカリスとキャスリン・ブライアントというチームになります。
個人戦から団体戦へと移行した感があって楽しいです。
また,ヒロイン役のイタリア国防総省警察のレイチェルも魅力的。
更にギルドの暗殺者セイチャンが絡んで人間関係もより複雑になります。
シグマフォース,ギルド,ドラゴンコートと三陣営による戦いも面白い。
超電導を初めとする科学要素もふんだんに盛り込まれているのが素敵ですね。
ドイツからヴァチカンへと遷移する戦いから目が離せません。

(竹書房文庫 2012年)

posted by 森山樹 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想