2019年05月08日

ジェームズ・ロリンズ『ユダの覚醒(下)』

〈2019年読書感想18冊目〉
ジェームズ・ロリンズ『ユダの覚醒(下)』〈シグマフォース〉


マルコ・ポーロと遺伝子の謎へ迫る『ユダの覚醒』の下巻です。
提示される謎は魅力的なのにまとめ方はどうにも不満が残る感じ。
世界規模の災厄がほぼ瞬時に解決してしまうことには聊か納得しかねます。
この御都合主義は前作の終幕でも強く感じましたね。
悪い意味でのシリーズの伝統となってしまうことを危惧します。
舞台が唐突にアンコール・ワットへと遷移するのもやや府会かなあ。
アンコール・ワットの遺跡が竜座と同じ配置というのは面白い。
プトレマイオス星座とカンボジアの遺跡が結びつく合理的な説明は必要ではないかしら。
元ネタが学術的に否定されているグラハム・ハンコックですからね。
やはり歴史学よりも神秘主義への傾倒を感じざるを得ません。
マルコ・ポーロとコカチン王女の物語は割と良かった。
とは言え,これはあくまで創作であるのも確かでしょう。
今作ではグレイの両親であるジャックとハリエットも事件に巻き込まれます。
夫婦の生かしたふたりの奮闘は格好良かった。
特にジャックは最終的にギルドの暗殺者をも単独で倒す強さを見せます。
一方でギルドのアメン・ナセルもデヴェシュ・パタンジャリもいまいち。
最終的に敵役にあまり魅力がないのは残念でした。
寧ろデヴェシュ・パタンジャリの側近のスリーナが非常に良かったですね。
セイチャンに関しては今後の展開を見ないと何とも言えません。
良くも悪くも〈シグマフォース〉と言った感じの作品ではあります。
事件の発端となったスーザン・チュニスの扱いはあれでよかったのかしら。
いろいろと釈然としないものが残ります。
生存を暗示させるモンクの義手の扱いも同様。
オーストラリアで消息を絶った彼がアメリカにある義手に救難信号を送れるのかな。
ついでに言うならば人食いイカって本当にいるのですかね。
人間をイカが捕食する合理性をあまり感じないのですが。
娯楽小説としては普通に楽しめるのは事実。
但し,歴史と科学の融合というお題目を掲げるには疑問が残ってしまいます。
それでも次作を読んでみようという気になるのも確かではありますが。

(竹書房文庫 2012年)

posted by 森山樹 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想