2019年06月02日

2019年5月読書記録

2019年5月に読んだ本は以下の通り。
ジェームズ・ロリンズ 『ユダの覚醒(上)』
ジェームズ・ロリンズ 『ユダの覚醒(下)』
五代ゆう 『グイン・サーガ(143)永訣の波濤』
五代ゆう 『グイン・サーガ(144)流浪の皇女』
五代ゆう 『グイン・サーガ(145)水晶宮の影』
ジェームズ・ロリンズ 『ロマの血脈(上)』
ジェームズ・ロリンズ 『ロマの血脈(下)』
京極夏彦 『古今百鬼拾遺 河童』

5月の読了は8冊。
〈シグマフォース〉と〈グイン・サーガ〉と京極夏彦しか読んでいません。
読書傾向としては或る意味で自分を語っている気がします。
『ユダの覚醒』も『ロマの血脈』も今一つかなあ。
悪くはないけれど,良くもないという感じがします。
歴史要素も科学要素も以前より薄味になっているのが気になるところ。
神秘主義的な傾向は増しているんですけれどね。
〈グイン・サーガ〉は読んでいなかった部分を一気に追いつきました。
中原各所での陰謀劇が非常に楽しい。
竜王ヤンダル・ゾックとの全面的な戦いへと進んでいくのですかね。
最新巻で名前の登場したあのお方が今後果たす役割も楽しみです。
『古今百鬼拾遺 河童』は前作よりも面白かった。
序盤の女子高生たちが繰り広げる河童談義が良いですね。
いまいち呉美由紀が目立っていない気もするけれど。
次作の『古今百鬼拾遺 天狗』にも期待したいと思います。
posted by 森山樹 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録