2019年07月20日

三津田信三『魔偶の如き齎すもの』

〈2019年読書感想35冊目〉
三津田信三『魔偶の如き齎すもの』


推理小説家にして探偵の刀城言耶を主人公に据えるシリーズの新作です。
今回はいつもの長篇ではなく,中短篇集という体裁を採っています。
刀城言耶以外に複数篇に登場する人物もいますが,各篇は独立しています。
いずれも戦後直後の如何にも昭和の雰囲気が漂う作品で好み。
謎と怪奇の不均衡はやや気になりますが,それも魅力のうちでありましょう。
とは言え,やはり本シリーズは長篇でこそという想いが残りますね。
どの作品も面白いのですが,物足りなさを感じてしまいます。
殆どの謎が解明された後に一点だけ残る不合理という長篇の楽しさが少ないのですよね。
寧ろ,怪奇性が全面的に押し出されてしまっている気がします。
それはそれで悪いわけでは決してないのですけれども。
その意味では合理と不合理の均衡が取れていた「巫死の如き甦るもの」が一番好みかな。
後味の悪い結末がなんとも言えない余韻となります。
「妖服の如き切るもの」も如何にも〈刀城言耶〉シリーズらしい作品です。
今作で登場する小間井刑事が意外に個性的でなかなか楽しい。
「魔偶の如き齎すもの」は祖父江偲が中心となる中篇。
メタ的な意味合いからも楽しめました。
シリーズの読者には怪訝に思われる点がきちんと伏線になっています。
この作品は怪奇色よりも普通の推理小説然としているのも割と好み。
刀城言耶独特の試行錯誤の末に真実へ辿り着く推理も存分に堪能出来ます。
一方で「獣家の如き吸うもの」は怪奇色に満ちた短篇。
雰囲気は抜群に良いのですが,物語としては浅いので不満が残ります。
所謂,安楽椅子探偵的な作品なので危機感が薄いのかもしれません。
久しぶりの〈刀城言耶〉シリーズということで楽しめました。
但し,やはり長篇の異常な程の満足度に比べると物足りません。
比較するべきではないのかもしれないけれども。
作中で過去作に触れた表現が多かったので,改めてシリーズを読み返したくなりました。
新たな長篇が発表されるまでに少しずつ再読を進めていきたいと思います。

(講談社 2019年)

タグ:三津田信三
posted by 森山樹 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年07月18日

ジェームズ・ベッカー『預言者モーゼの秘宝(下)』

〈2019年読書感想34冊目〉
ジェームズ・ベッカー『預言者モーゼの秘宝(下)』


モーゼの十戒を巡る三つ巴の戦いを描く『預言者モーゼの秘宝』の下巻です。
イスラエルに舞台を移しての追撃戦が楽しい。
主軸となるのは四枚の粘土版に残された暗号の解読。
面白いのは面白いのだけれど,途中で面倒になって読み飛ばしてしまいます。
試行錯誤の末に真実に辿り着くのは良いのだけれどね。
敵陣営もほぼ同じ材料から暗号をきちんと読み解くというのは楽しいです。
結果的には漁夫の利を得る陣営も登場するわけですが。
下巻からはイスラエルの諜報機関モサドも登場するのはその筋としては大好き。
と言っても,表立って活躍するわけではないのが難点ではあります。
前作でもそうだったけれど,アンジェラが助けを求める学者の有能さは異常。
本来の専門分野に止まらない広範囲の知識と人脈を見せてくれます。
一方でクリスはほぼ肉体労働と戦闘担当といった感じかなあ。
尤も,暗号解読にはクリスが無意識に漏らす直感が貢献するわけですが。
クリスとアンジェラの組み合わせは悪くないのでしょうね。
最終的に発見されたモーゼの十戒の落としどころも悪くはないです。
但し,前作同様に表沙汰にはならずに闇に葬られた感があるのは気になるところ。
キリスト教成立の謎を追った前作との整合性もきちんと検証してみたいなあ。
まあ,モーゼ自体はキリスト教成立とは直接関わらないからいいのかな。
敵組織に魅力がないのは問題点のひとつ。
現時点では前作も今作も単なる独立した犯罪組織に止まっていますからね。
作品全体を通じて登場する宿敵が欲しいように思えます。
しかし,発端となったオコーナー夫妻の殺害が最終的にはおざなりだったのはいいのかな。
ヤクーブと繋がっていた警官の処遇も放置された感がありますし。
前作同様に強烈な印象を残す作品ではありませんが,それなりに楽しめます。
歴史ミステリィ好きには悪くない作品でしょうね。

(竹書房文庫 2016年)

posted by 森山樹 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年07月16日

購入記録(2019.07.16)

ジェームズ・ベッカー 聖なるメシアの遺産(上) 竹書房文庫 ¥711
ジェームズ・ベッカー 聖なるメシアの遺産(下) 竹書房文庫 ¥711
陶山昇平 薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱 イースト・プレス ¥2,160

『聖なるメシアの遺産』は〈クリス・ブロンソンの黙示録〉の第3作目。
一応は嵌まっていると言っていいのかな。
劇的に面白いというわけではないのですけれどね。
因みに第4作目は『ノスフェラトゥの生贄』と一気に趣が変わります。
今巻が転機となるのか楽しみです。
『薔薇戦争』は小説ではなくて歴史の解説書。
大好きな時代の作品だけに期待しています。
感想は別ブログでということになりそうですが。

〈2019年書籍購入覚書〉 計58冊
posted by 森山樹 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

ジェームズ・ベッカー『預言者モーゼの秘宝(上)』

〈2019年読書感想33冊目〉
ジェームズ・ベッカー『預言者モーゼの秘宝(上)』〈クリス・ブロンソンの黙示録〉


『皇帝ネロの密使』に続く〈クリス・ブロンソンの黙示録〉の第2作目。
偶然手に入れた遺物が原因で殺害された夫婦の事件を追うクリス・ブロンソンの活躍が描かれます。
事件そっちのけで粘土板の謎解きが中心となってしまうのは前作と同様。
モロッコとイギリスを舞台に石板を追う組織との追撃戦が楽しめます。
今回の題材はシカリ派が隠した銀の巻物とモーゼの十戒について。
いずれも歴史上に大きく残された謎だけに興味をそそります。
クリスの元妻アンジェラとの関係改善も一応は読みどころとなるのかしら。
モロッコのギャングとイギリスの遺物収集家を交えた三つ巴の激戦は面白いです。
が,やっていることが前作とあまり変わらないのはどうなのかなあ。
危機的な状況を掻い潜るクリスの瞬時の判断と行動は格好いいんですけれどね。
大英博物館の学芸員であるアンジェラを巻き込む判断はあまりいいとは言えません。
アンジェラも不用意に胡乱な人物に相談し過ぎということも言えますが。
その相談相手が事件の黒幕と繋がっているのもやや偶然感が強いですね。
四枚の粘土板に隠された暗号の謎解きは面白いけれど置いてけぼりになります。
単に自分の読解能力が低いだけかもしれませんが。
インターネットを駆使しての暗号解読は現代的で楽しかったです。
敵方もきちんと同じ結論に達するのが無能感がなくて良い。
イギリスで起きた新たな殺人を踏まえて舞台は新たな地イスラエルへ。
粘土板に記された銀の巻物とモーゼの十戒に如何なる形で触れられるのか楽しみ。
三つ巴の戦いの行く末を期待したいと思います。

(竹書房文庫 2016年)

posted by 森山樹 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年07月15日

購入記録(2019.07.15)

高田崇史 源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義 講談社 ¥2,484
三津田信三 魔偶の如き齎すもの 講談社 ¥1,836

講談社の単行本を2冊購入。
どちらも大好きな作家の作品だけに楽しみです。
だからこそ,文庫落ちが待ちきれずに単行本で買うのだけれども。
高田崇史はいつも通りの歴史ミステリィの筈。
源平の如何なる謎に切れ込むのか期待しています。
三津田信三は〈刀城言耶〉シリーズの最新刊。
今回は中短篇集という体裁を採っているのかな。
祖父江偲との出逢いを描く表題作が面白そう。
どちらもなるべく早めに取り掛かりたいと思います。

〈2019年書籍購入覚書〉 計55冊
posted by 森山樹 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録