2019年07月11日

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 天狗』

〈2019年読書感想32冊目〉
京極夏彦『今昔百鬼拾遺 天狗』


〈百鬼夜行〉シリーズの番外篇である〈今昔百鬼拾遺〉の第三作目。
一応の最終作ということになるのかしら。
特に各篇が続いているわけではないので幾らでも続きは書けそうだけど。
今回の題材は天狗ということで,天狗攫いが事件として描かれます。
『邪魅の雫』の篠村美弥子の再登場が嬉しい。
相変わらずの素敵お嬢様ぶりを存分に発揮してくれます。
そのいでたちと言動は美由紀でなくとも惚れ惚れしてしまうというもの。
美弥子の友人の失踪が物語の発端となるので最後まで主要人物として活躍してくれます。
美由紀と敦子,それに美弥子のそれぞれの魅力が楽しい作品であると言えましょう。
事件そのものは割と安直というか,印象は薄いのですけれどね。
真犯人の下衆ぶりというか自分勝手さに反吐が出そうになります。
だからこそ,毎回恒例となった美由紀の一喝に爽快感を覚えるのですが。
益田や青木,木下,鳥口ら常連組の出演も素直に嬉しいですね。
尤も,益田は冒頭で美弥子にやり込められる場面の印象が強いです。
軽薄ながらも本来は真面目で優秀な探偵ではあるのですけれどね。
前作に引き続きこのシリーズではあまり扱いがいいとは言えません。
何はともあれ,番外篇とは言え久しぶりの〈妖怪〉シリーズを堪能しました。
それぞれの作品で本篇の伏線というか予告が張られていたのは楽しみ。
今巻の事件の時期は富士山や河口湖で新たな事件が発生していた模様です。
早くこのあたりの事件を読みたいもの。
番外篇ではなく本篇の重厚な構成がやはり一番好みなのですよね。
先ずは『鵼の碑』が早期に刊行されることを願ってやみません。

(新潮文庫 2019年)

タグ:京極夏彦
posted by 森山樹 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想