2019年07月22日

2019年前半を振り返って

購入数は52冊で,読了数は34冊。
久しぶりに真面目にブログを更新しています。
適当だけど,それなりに感想が書けているのも悪くない。
このままの更新頻度を保ちたいものです。
月に10冊くらいは読めればいいのですけれども。

敢えて印象に残った作品を挙げると以下の通り。
キム・ニューマン 『モリーアティ秘録』
ジェームズ・ロリンズ 『マギの聖骨』
若竹七海 『殺人鬼がもう一人』
五代ゆう 『グイン・サーガ(145)水晶宮の影』
京極夏彦 『古今百鬼拾遺 河童』
北原尚彦 『ホームズ連盟の冒険』
高井忍 『蜃気楼の王国』

割とシリーズものを読んでいた印象が強いです。
一応,ジェームズ・ロリンズの〈シグマフォース〉に嵌まっているのかな。
何とか今年中には或る程度まで既刊に追い着きたいものです。
五代ゆうの描く〈グイン・サーガ〉は何とか追い着くことが出来ました。
今後はきちんと刊行を追いかけていきたいものです。
京極夏彦の〈古今百鬼拾遺〉は一応順調に追いかけている筈。
番外篇よりも本篇の刊行を待ち望んでいます。
仄めかしは多いのですけれどもね。

2019年後半もこのままの水準は最低限保ちたいものです。
読了後に感想を書くこのままの様式で頑張っていきたいと思います。
感想の内容は割と適当なのですけれどね。
年間100冊読めれば問題はありません。
読書意欲が復活している今こそ習慣として定着させたいものです。
posted by 森山樹 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文