2019年08月17日

ジェームズ・ロリンズ『ジェファーソンの密約(上)』

〈2019年読書感想46冊目〉
ジェームズ・ロリンズ『ジェファーソンの密約(上)』〈シグマフォース〉


ギルドの起源とアメリカ建国の謎に迫る〈シグマフォース〉の第6作目。
ネイティブアメリカンを祖に持つペインター司令官がほぼ主役となっています。
姪であるカイが事件に巻き込まれているというのもありますが。
というか,グレイが様々な事情でやや冴えない立ち位置なのですよね。
セイチャンが今回は当初からシグマフォースへ協力姿勢を見せるのは嬉しい。
レイチェルを交えたグレイとの奇妙な三角関係はそのままのようですが。
前作に引き続きギルドとの対決が主体ということで非常に楽しい。
今作の敵であるラファエル・サンジェルマンもなかなか素敵な人物です。
傍に仕えるアシャンダとの関係も興味深い。
歴史的事象はアメリカ建国と第十四番目の州の秘密について。
ベンジャミン・フランクリンの手紙に記されたギルドの紋章の謎が面白い。
アメリカ建国時にもギルドが或る種の力を持っていたことが示唆されます。
そして,それはジェファーソンやフランクリンとは敵対する勢力としてでした。
イロコイ連邦の歴史的な役割は知らなかったので刺激になります。
アメリカ建国についてもう少し知る必要を感じました。
そして,科学的事象はニュートリノとナノマシンということになるのかな。
いまいちまだ判然としない部分が多いのですけれども。
ネイティブアメリカンが封印した呪いと科学者の消失が魅力的です。
触れることで物質が変性し,分解・消失に至る事象が恐ろしい。
この事象とニュートリノ量の変化に如何なる意味を持たせるのに期待します。
折に触れてスーパーカミオカンデが登場するのは妙に嬉しさを感じますね。
気になるのは久しく登場していなかったグレイの両親の問題が悪化していること。
なんとなく,致命的な事件が起きる前触れな気がしてなりません。
過去作よりも陰鬱な印象が強いのですよね。
尤も,こういうときにコワルスキーの存在が癒しとして役立つのですけれども。
ペインターとグレイの両軸から描かれる物語は下巻へ。
アメリカ建国とギルドとの関係の真相が解き明かされることに期待します。

(竹書房文庫 2014年)

posted by 森山樹 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年08月16日

購入記録(2019.08.16)

鯨統一郎 女子大生つぐみと邪馬台国の謎 ハルキ文庫 ¥799

『女子大生つぐみと古事記の謎』に続くシリーズ第2作目。
今回は題材が作者得意の“邪馬台国”ということで期待しています。
前作は割といまいちな感があったのがやや不安ですが。
早乙女静香や宮田六郎の登場もあれば嬉しいなあ。
今読んでる作品の次に早速取り掛かりたいと思います。

〈2019年書籍購入覚書〉 計74冊
posted by 森山樹 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年08月15日

購入記録(2019.08.15)

ジェームズ・ロリンズ ジェファーソンの密約(上) 竹書房文庫 ¥756
ジェームズ・ロリンズ ジェファーソンの密約(下) 竹書房文庫 ¥756

〈シグマフォース〉の第6作目を購入しました。
前作と次作を含めて,ギルドとの対峙が描かれる三部作ということで楽しみ。
可能なら一気に読んでしまいたいところです。
ただ,第7作目が最寄りの書店に置いてなかったのですよね。
あまり竹書房文庫が揃っている書店が多くないので探さないといけません。
まあ,それもまた楽しさを煽るのですけれども。

〈2019年書籍購入覚書〉 計73冊
posted by 森山樹 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年08月14日

ジェームズ・ロリンズ『ケルトの封印(下)』

〈2019年読書感想45冊目〉
ジェームズ・ロリンズ『ケルトの封印(下)』〈シグマフォース〉


ケルトの伝説と人類の人口爆発の成否が描かれる〈シグマフォース〉の第5作目です。
相変わらず,世界規模の災厄なのに,割とあっさりと事態が収拾することに違和感。
但し,それ以外については,シリーズ中でも最高級に面白かった。
特にケルトや聖マラキ,黒い聖母が扱われる歴史的側面はたまりません。
最後の方はドゥームズデイブックそのものはあまり関係なくなっていたけれども。
幾つかの歴史の謎を巧みに組み合わせる手腕はやはり素晴らしいです。
ケルトとエジプトを結ぶ言説が鮮やかに解き明かされる場面は大好き。
ケルト十字の意外な使い方も十分に納得のいくものでありました。
真実か否かは別にして,思考実験として知的好奇心を満たしてくれます。
科学的な側面は相変わらずよく分からないなあというのが正直なところ。
というか,ギルドの真の目的が明かされていないのが結局のところ問題な気がします。
このあたりは今後明かされていくことになるのでしょう。
ギルドと通じていたイヴァー・カールセンも結局は利用されていただけですしね。
そして,正式にギルドからの離脱となったセイチャンの行く末も楽しみ。
今巻ではことあるごとにグレイに対する思慕を表していたのが可愛い。
漸くヒロインとしての立ち位置を確立したと言えるのかもしれません。
ギルドの一端を知るものとしての存在感も期待したいものです。
一方でギルドの幹部のひとりがあっさりと退場したのは拍子抜け。
何と言うか,自滅という気がしないでもありませんが。
次作以降でこのあたりの事情はきちんと扱われて欲しいなあ。
グレイもペインターもモンクもコワルスキーも見せ場があったのは嬉しかった。
特にコワルスキーはいろいろと意外な活躍を見せてくれたのが楽しいです。
一方でジョン・クリードの退場はいささか残念な気がします。
序盤から中盤の活躍から新たな戦力として期待していたのですけれどね。
特にモンクの心の傷として残りそうなのが今後に尾を引くかもしれません。
というわけで,期待以上に面白かった作品でありました。
ギルドとの戦いを描く三部作の第1作目ということで残り2作も面白そう。
次なるシグマフォースの戦いに早く触れたいと思います。

(竹書房文庫 2014年)

posted by 森山樹 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年08月13日

ジェームズ・ロリンズ『ケルトの封印(上)』

〈2019年読書感想44冊目〉
ジェームズ・ロリンズ『ケルトの封印(上)』〈シグマフォース〉


再びギルドとの戦いが本格化する〈シグマフォース〉の第5作目です。
今回の題材はドゥームズデイブックと遺伝子組換食品ということでいいのかな。
その更に主題は人口爆発による人類滅亡となるのかもしれませんが。
現段階ではそれ程題名にあるケルトが関わっていないのは残念。
大好きな黒い聖母が如何に扱われるのかは楽しみですけれども。
レイチェルとセイチャンというふたりのヒロインの共演は楽しい。
尤も,現段階ではセイチャンはギルド側に戻ったという印象となっています。
彼女の真意は誰からも見えないのですけれども。
そして,ギルドの暗殺者であるクリスタが結構好みで素敵。
今作における最大の障壁ということになるのでしょう。
彼女に指示を出すエシェロンと名乗る人物の正体は当面は謎のままかな。
ギルドの最上層の幹部ということで正体が明かされることはないかもしれません。
新たにシグマフォースの長官となったメトカーフは割と好き。
堅物に見えますが,結構話の分かる柔軟な人物なのではないかという気がします。
グレイとペインターと二手に分かれて物語が進むのは相変わらず。
両陣営ともに危機の連続で息をつく暇がありません。
ペインター側には復帰したモンクが控えるのは心強いですけれどね。
キャットが事実上の副司令官というのも悪くない。
但し,留守番役となりそうなので,出番が減ってしまう懸念があります。
様々な謎を内包する今回の事件は久しぶりに面白いなあという感じがあります。
人間の死体を苗床とするキノコの描写は吐き気がしますけれども。
ドゥームズデイブックが示す人類の未来は如何なるものなのか。
それが明らかになるであろう下巻に期待したいと思います。
英国の考古学者ウォレス・ボイルはなんとなく悪役な気がするのですよね。
証拠は全くなく,単なる直感に過ぎませんけれども。

(竹書房文庫 2014年)

posted by 森山樹 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想