2019年08月11日

神坂一『スレイヤーズ(8)死霊都市の王』

〈2019年読書感想43冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(8)死霊都市の王』


冥王フィブリゾとの戦いが中心となる〈スレイヤーズ〉第一部最終巻です。
舞台が再びサイラーグとなるのが熱い展開。
というか,この都市はいろいろあり過ぎて,訳の分からないことになっています。
この状態から再起しそうなのは或る意味怖いというかなんというか。
そして,サイラーグが舞台ということでシルフィールも再登場。
第4巻で離脱していたので久しぶりという感があります。
セイルーンのフィリオネル王子の件は無事に心の傷となったようですが。
意外な活躍をしてくれるので侮れません。
事実上,冥王フィブリゾへの反撃の糸口となったわけですしね。
冥王フィブリゾは如何にも魔族と言った厭らしいやり口が最高に素敵。
ただ,その冥王フィブリゾすらも凌駕する金色の魔王の力がたまりません。
その意外性のある正体も楽しかった。
最後の最後までリナ達の決め手は偶然ということになってしまいましたが。
但し,その偶然に至るまでの足掻きこそがリナの真骨頂という気もします。
そして,ガウリイの愛剣であった光の剣も今巻で退場となりました。
その真の姿は意外でしたが,もう少し活躍して欲しかったなあ。
アメリアとゼルガディスもいまいち消化不良感のある立ち位置でした。
第二部にはふたりとも登場しなかった筈なので,ちょっと残念な気がします。
ガウリイに至っては今巻では殆ど捕らわれのお姫様役ですからね。
ゼロスは最後に美味しいところを持って行ったなあという感があります。
敵でもなく味方でもない,独特の立ち位置が非常に良いです。
最終的には何処かリナへの仲間的な意識も芽生えていなくもなかったですし。
勿論,当人は否定することでしょうけれども。
何はともあれ,久しぶりの〈スレイヤーズ〉第一部を堪能しました。
いろいろ物足りなさも残るけれど,やっぱり楽しい作品であります。
第二部は少し間をおいてから読み始めたいと思います。
意外に印象が薄いので,期待したいものです。
悲劇色は第一部よりもかなり強かった気がするのだけが気がかりです。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年08月10日

購入記録(2019.08.10)

神坂一 スレイヤーズ(9)ベゼルドの妖剣 富士見ファンタジア文庫 ¥648
神坂一 スレイヤーズ(10)ソラリアの謀略 富士見ファンタジア文庫 ¥648
神坂一 スレイヤーズ(11)クリムゾンの妄執  富士見ファンタジア文庫 ¥648

〈スレイヤーズ〉再読計画も第二部の購入に入りました。
第二部はあまり思い入れがないんだよね。
第一部よりも悲劇色が強過ぎたのが要因かもしれません。
偏食エルフとかは結構好きだったんですけれどね。
アメリアとゼルガディスが出なかったのも難点かもしれない。
ゼロスは出た筈よね。
あんまりよく覚えてはいないのだけれども。

〈2019年書籍購入覚書〉 計71冊
posted by 森山樹 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

神坂一『スレイヤーズ(7)魔竜王の挑戦』

〈2019年読書感想42冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(7)魔竜王の挑戦』


魔竜王ガーヴや冥王フィブリゾの戦いに本格に巻き込まれる〈スレイヤーズ〉第7巻。
これまでとは格が違う,更なる強敵との戦いが楽しいです。
とは言っても,それよりも遥かに獣神官ゼロスのほうが圧倒的なんですけれどね。
単純にラルタークとラーシャートを足して,同格と言えるわけですし。
尤も,魔竜王ガーヴはそれよりも更に数段上の強さなわけですが。
残念だったのはディルス王国が殆ど通過しただけで終わってしまったということ。
『アトラスの魔道士』で語られた屍肉呪法のくだりとかは期待していたのですけれど。
そして,黄金竜の長老ミルガズィアが登場しましたが,活躍は殆どなし。
というよりも,完全にゼロスの強さと恐ろしさを強調する役目でありました。
まあ,時折格好いい部分も見せてくれはするのですけれどね。
お茶目な部分の方が印象に残ってしまうのも確かです。
物語としては異界黙示録へのリナの道と言った塩梅で繋ぎの印象があります。
最後に登場した魔竜王ガーヴとの決着も未だついていないですしね。
暗躍する魔族の状況が明らかとなったことは収穫と言えるでしょう。
ガウリイ,ゼルガディス,アメリアもそんなに目立たなかったのは残念。
そこかしこでリナに寄せるガウリイの信頼感が垣間見えるのは嬉しかった。
第一部も残すは1冊のみとなりました。
未だに姿を見せない冥王フィブリゾの真意がなかなかに楽しみであります。
意外にゼロスは納得して協力しているわけではない気がしますしね。
彼のお役所仕事ぶりが大変に好みであります。
というわけで,残る1冊も一気に読んでしまおうと思います。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年08月07日

神坂一『スレイヤーズ(6)ヴェゼンディの闇』

〈2019年読書感想41冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(6)ヴェゼンディの闇』


何故か表紙がゼルガディスとデュクリスの〈スレイヤーズ〉第6巻です。
今巻では過去に対峙した難敵が復活するという展開が熱い。
それも魔族セイグラムに暗殺者ズーマと決着がつかなかった相手なのが楽しいです。
更には彼らが意外な形で手を組むというのが素晴らしいというかなんというか。
セイグラムに付き従う魔族デュクルドとグドゥザも個性が立っていました。
それぞれにゼルガディスとアメリアと激戦を繰り広げてくれます。
また,いつの間にか姿を消したラルタークの不気味な存在感も悪くない。
最初に登場したときには全くの脇役だったので意外性がありました。
ゼロスも正式に仲間でもなく味方でもない旅の連れとして参戦。
此処から第一部の終局へと向けての物語が加速度的に面白くなります。
ゼロスの正体は予定調和というべきものでありましょう。
ガウリイやアメリアはともかくゼルガディスは気付いても良さそうですけれどね。
リナに対するのは使命か好意か興味か現段階では微妙なところ。
但し,リナ一行に割と振り回されている感があるのが楽しいです。
それもまた演技である可能性が捨てきれないのも彼の怖さではありますが。
終盤でのズーマとセイグラムとの戦いは熱くて大好き。
そして,今回も例によって力押しでは勝てていないというのが素敵です。
リナの機転もあったとは言え,決め手がズーマの人間としての心というのが良い。
何と言うか,人間とは不思議な存在でありますね。
此処まで読んでいると意外にリナが竜破斬を多用していないことに気付きます。
このあたりはちょっと認識が変わりますね。
次なるはゼロスが誘う異界黙示録の所在地ディルス王国へ。
初期から所在は示唆されていた場所だけに漸くという感じは否めません。
魔族の戦いに巻き込まれたリナ一行の新たな戦いを期待したいと思います。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年08月04日

神坂一『スレイヤーズ(5)白銀の魔獣』

〈2019年読書感想40冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(5)白銀の魔獣』


恐らくシリーズでも一番人気のゼロスが登場する〈スレイヤーズ〉の第5巻。
この後も尾を引き続ける魔獣ザナッファーが本格的に物語に絡む巻でもあります。
いや,本当にまさか第16巻まで引っ張るネタになるとは思いませんでした。
ゼロスの登場で魔族の動向がいろいろと鮮明になったのは面白い。
ゼルガディスも再再登場し,アメリアとともに旅の仲間が確立されました。
シルフィールは未だにセイルーンで休養中という扱いの悪さですが。
今巻でリナと対峙するのはシャブラニグドゥを奉じる邪教集団。
但し,それを統べるクロツや副官相当のバルグモンは如何にも影が薄い。
個性がないわけではないのですが,退場の仕方があまりにあっさりし過ぎなのですよね。
一番印象的なのはデュクリスかなあ。
彼のひと時のリナとの触れ合いと別れはかなり心に来るものがあります。
リナの魔力を封じた謎の女性マゼンダも印象的ではあります。
明確に描かれてはいませんが,彼女を一蹴するゼロスの強さも底が知れない。
とは言え,やはり一番燃えるのは最後のザナッファーとの死闘でありましょう。
ガウリイ,ゼルガディス,アメリアと息を併せての戦いが熱いです。
相変わらず,最後はリナの機転が決め手というのも面白い。
ゼロスが語る魔法の理屈は世界観を補強する意味でも興味深かった。
出番が割と少なめのガウリイもきちんと美味しいところを持っていくのが素敵。
というか,光の剣が更に化け物じみた強さを発揮するようになっています。
このあたりはいろいろと設定が煮詰まってきた証左かもしれません。
物語は異界黙示録を巡る新たな段階へと進みました。
姿を消したゼロスの動向も含めて謎が謎を呼ぶ展開が非常に楽しい。
第一部の残る3巻もこのまま読み通していきたいと思います。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想