2019年08月03日

神坂一『スレイヤーズ(4)聖王都動乱』

〈2019年読書感想39冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(4)聖王都動乱』


表紙のアメリアが可愛い〈スレイヤーズ〉の第4巻です。
聖王国セイルーンを舞台とした陰謀劇と魔族との戦いが描かれます。
と言っても,魔族との戦いは今巻がほぼ端緒のようなもの。
本質的にはセイルーン王家内での闘争が主軸ではあります。
前巻で登場したシルフィールも旅の仲間に加わりますが諸事情でほぼ全休。
代わってセイルーン王家のアメリア王女がいろいろな意味で活躍してくれます。
第一部での主要な仲間はこれで概ね揃った感はありますね。
実際にはもう一人いるのですが,仲間というには微妙な立ち位置だしなあ。
別行動中のゼルガディスの出番が全くなかったのは残念だけれども。
今巻で重要なのはリナが魔族から狙われる存在になったということ。
中級魔族カンヅェルが今回の敵となりますが,今までの魔族とは異なる強さが素敵。
人間の恐怖を糧とする魔族の真の怖さがいろいろとたまりません。
後の巻に尾を引く展開としては暗殺者ズーマの存在も挙げられるでしょう。
その不気味な存在感は悪役の中でもかなり魅力的。
このあたりから意外にリナが戦闘では役に立たなくなってくるのですよね。
一撃必殺の竜破斬はあるにせよ,基本的には仲間たちに守られる存在といえます。
もっと傍若無人に強力な呪文をぶっ放して無双している印象だったんだけどなあ。
再読することで認識がかなり改められました。
但し,光の剣に竜破斬を載せる等の発想力は素晴らしい。
この種の人知を超えた発想力こそが本来のリナの最大の武器なのかもしれません。
セイルーン王家の陰謀劇そのものは安直で定型どおり。
まあ,フィリオネル王子が掛けた最後の言葉は響きましたが。
そして魔族との戦いを決意したリナは闇の伝説が残るディルス王国へ。
第一部の最後に向けての疾走がこの巻から始まる予感があります。
やっぱり楽しいなあ。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年08月02日

2019年7月読書記録

2019年7月に読んだ本は以下の通り。
若竹七海 『プラスマイナスゼロ』
京極夏彦 『今昔百鬼拾遺 天狗』
ジェームズ・ベッカー 『預言者モーゼの秘宝(上)』
ジェームズ・ベッカー 『預言者モーゼの秘宝(下)』
三津田信三 『魔偶の如き齎すもの』
神坂一 『スレイヤーズ(1)』
神坂一 『スレイヤーズ(2)アトラスの魔道士』
神坂一 『スレイヤーズ(3)サイラーグの妖魔』

7月の読了は8冊。
『プラスマイナスゼロ』と〈スレイヤーズ〉は再読です。
その意味ではやや低調だったと言えるかもしれません。
『プラスマイナスゼロ』は文庫版書き下ろしが大変好み。
毒だけではない若竹七海の魅力が詰まっていました。
〈スレイヤーズ〉は第三部開始に伴う再読となります。
現在は3巻まで読みましたが,相変わらず面白さを感じるのが素敵。
展開も意外に覚えているのですよね。
『今昔百鬼拾遺 天狗』は〈妖怪〉シリーズの番外篇。
天狗の伝承が失踪事件に絡んでくるのが楽しい。
但し,事件そのものは吐き気がする程の自分勝手なものでしたが。
いずれにしても早く本篇の再開を待ちたいものです。
『魔偶の如き齎すもの』は〈刀城言耶〉シリーズの短篇集。
悪くはなかったけれど,やはりこのシリーズは長篇の方が好き。
物足りなさを感じてしまいます。
『預言者モーゼの秘宝』も悪くはないけれど良過ぎもしない感じ。
面白いのは面白いのですけれどね。
一応シリーズを継続して読む気にはさせてくれます。
posted by 森山樹 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

2019年08月01日

購入記録(2019.08.01)

水野良 ロードス島戦記 誓約の宝冠(1) 角川スニーカー文庫 ¥734
神坂一 スレイヤーズ(6)ヴェゼンディの闇 富士見ファンタジア文庫 ¥648
神坂一 スレイヤーズ(7) 魔竜王の挑戦 富士見ファンタジア文庫 ¥648
神坂一 スレイヤーズ(8)死霊都市の王 富士見ファンタジア文庫 ¥648
H.P.ラヴクラフト インスマスの影 新潮文庫 ¥810

『ロードス島戦記 誓約の宝冠』は〈ロードス島戦記〉の新シリーズ。
前シリーズよりも100年後の時代の戦乱が描かれます。
永遠の乙女ディードリットは登場するようですが,他は不明。
登場してもフレーベくらいのものでしょうかね。
何はともあれ,今後の展開に期待をしたいものです。
〈新ロードス島戦記〉も復刊してくれると嬉しいなあ。
〈スレイヤーズ〉は第三部開始に備えての再読中。
今回の購入で第一部は揃ったことになります。
徐々に再読していますが,やはり楽しくて大好き。
今でも面白さを感じるというのは素晴らしいですね。
『インスマスの影』はクトゥルー神話の短篇集。
新潮文庫からラヴクラフトが刊行されるというのが面白かったので購入しました。
基本的には収録作品は全部読んでいるのですけれどね。

〈2019年書籍購入覚書〉 計68冊
posted by 森山樹 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年8月書籍購入予定

08.01 水野良 『ロードス島戦記 誓約の宝冠(1)』 角川スニーカー文庫
08.08 鯨統一郎 『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』 ハルキ文庫
08.23 恩田陸 『失われた地図』 角川文庫
08.29 平井呈一/訳 『幽霊島』 創元推理文庫

毎月同じことを言っていますが少ないなあ。
今月は特に少ない気がします。
『ロードス島戦記 誓約の宝冠』は漸くの刊行となります。
あの〈ロードス島戦記〉の新シリーズということで期待は大。
時代を異にするということですが,どうなることか。
〈新ロードス島戦記〉あたりもこの機に復刊して欲しいものです。
後は『幽霊島』が楽しみ。
ブラックウッドやラヴクラフト等の平野呈一が翻訳した作品の短篇集。
怪奇小説好きとしては逃すことが出来ません。
『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』は鯨統一郎の邪馬台国ものということで。
宮田さんと早乙女静香が登場しそうな気がするのですよねえ。
posted by 森山樹 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定