2019年08月02日

2019年7月読書記録

2019年7月に読んだ本は以下の通り。
若竹七海 『プラスマイナスゼロ』
京極夏彦 『今昔百鬼拾遺 天狗』
ジェームズ・ベッカー 『預言者モーゼの秘宝(上)』
ジェームズ・ベッカー 『預言者モーゼの秘宝(下)』
三津田信三 『魔偶の如き齎すもの』
神坂一 『スレイヤーズ(1)』
神坂一 『スレイヤーズ(2)アトラスの魔道士』
神坂一 『スレイヤーズ(3)サイラーグの妖魔』

7月の読了は8冊。
『プラスマイナスゼロ』と〈スレイヤーズ〉は再読です。
その意味ではやや低調だったと言えるかもしれません。
『プラスマイナスゼロ』は文庫版書き下ろしが大変好み。
毒だけではない若竹七海の魅力が詰まっていました。
〈スレイヤーズ〉は第三部開始に伴う再読となります。
現在は3巻まで読みましたが,相変わらず面白さを感じるのが素敵。
展開も意外に覚えているのですよね。
『今昔百鬼拾遺 天狗』は〈妖怪〉シリーズの番外篇。
天狗の伝承が失踪事件に絡んでくるのが楽しい。
但し,事件そのものは吐き気がする程の自分勝手なものでしたが。
いずれにしても早く本篇の再開を待ちたいものです。
『魔偶の如き齎すもの』は〈刀城言耶〉シリーズの短篇集。
悪くはなかったけれど,やはりこのシリーズは長篇の方が好き。
物足りなさを感じてしまいます。
『預言者モーゼの秘宝』も悪くはないけれど良過ぎもしない感じ。
面白いのは面白いのですけれどね。
一応シリーズを継続して読む気にはさせてくれます。
posted by 森山樹 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録