2019年08月21日

鯨統一郎『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』

〈2019年読書感想48冊目〉
鯨統一郎『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』


『女子大生つぐみと古事記の謎』に続くシリーズの第2作目,となるのかな。
前作も勿論読んでいるのですが,印象はかなり薄め。
読んでいるうちに内容をなんとなくは思い出しましたが。
今作は鯨統一郎得意の邪馬台国が主題ということで期待をしていました。
例によって,殺人事件と歴史上の謎のふたつをつぐみが追うという展開になります。
そして,殺人事件が殆ど必要がないのも相変わらず。
割とあっさりと前作の重要人物を退場させたのは驚きましたが。
登場人物は結構いるのですが,そんなに機能しているようには思えない。
歴史上の謎だけに焦点を絞ったほうがいいのではないかなあ。
というわけで,殺人事件の方は正直全く心惹かれませんでした。
一方の邪馬台国の謎については流石にいろいろと面白かった。
『邪馬台国はどこですか』で提唱された東北説を更に補完する内容になっています。
早乙女静香と三谷教授が脇役として登場するのも嬉しいところ。
尤も,どちらも情報提供役としての役割しか担ってはいませんが。
宮田六郎は流石に登場しなかったけれど,彼の説はきちんと機能しています。
主人公でなければ静香は割と良識的に見えるのが興味深い。
地の文でいろいろとツッコミが入るのはいつも通りですけれど。
邪馬台国とアラハバキの関係についてはかなり強引かなあという印象。
思考実験としての面白さは否定出来ないのですけれどね。
如何にも鯨統一郎らしいなあという作品でありました。
但し,邪馬台国が絡むと俄然面白くなるのも事実。
個人的には殺人事件等を絡めるよりも歴史談義に的を絞って欲しく思います。
それだけで十分に面白いのですから。
邪馬台国に係る次なる作品の提示を心待ちにしています。

(ハルキ文庫 2019年)

posted by 森山樹 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想