2019年09月03日

2019年8月読書記録

2019年8月に読んだ本は以下の通り。
神坂一 『スレイヤーズ(4)聖王都動乱』
神坂一 『スレイヤーズ(5)白銀の魔獣』
神坂一 『スレイヤーズ(6)ヴェゼンティの闇』
神坂一 『スレイヤーズ(7)魔竜王の挑戦』
神坂一 『スレイヤーズ(8)死霊都市の王』
ジェームズ・ロリンズ 『ケルトの封印(上)』
ジェームズ・ロリンズ 『ケルトの封印(下)』
ジェームズ・ロリンズ 『ジェファーソンの密約(上)』
ジェームズ・ロリンズ 『ジェファーソンの密約(下)』
鯨統一郎 『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』
ジェームズ・ロリンズ 『ギルドの系譜(上)』
ジェームズ・ロリンズ 『ギルドの系譜(下)』
カミラ・レックバリ 『氷姫』

8月の読了は13冊。
意外に読んでいたなあという印象があります。
大半は〈スレイヤーズ〉と〈シグマフォース〉ですけれども。
どちらも一応ひとつの決着まで読了して満足かな。
〈スレイヤーズ〉は直に第二部の読書に取り掛かろうと思います。
〈シグマフォース〉はギルド滅亡後の物語が楽しみ。
新たな組織が登場するか,ギルドが復興するかのどちらかかな。
久しぶりに読んだ鯨統一郎はやっぱり鯨統一郎でした。
それでも邪馬台国が題材となると俄然面白くなる気がします。
早乙女静香の出番はもう少し欲しかったけれどね。
カミラ・レックバリの『氷姫』は如何にも北欧ミステリィという雰囲気が好き。
事件そのものに実際は大した謎は感じられなかったけれども。
一応続巻も読んでみようという気にはなっています。
毎月これくらい読めたらいいのですけれどねえ。
posted by 森山樹 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録