2019年10月06日

五代ゆう『グイン・サーガ(146)雲雀とイリス』

〈2019年読書感想60冊目〉
五代ゆう『グイン・サーガ(146)雲雀とイリス』


吟遊詩人装束が絵になるマリウスが表紙の〈グイン・サーガ〉第146巻です。
パロの王子よりも,ササイドン伯よりも,この姿がマリウスには似つかわしい。
尤も,現在はそうは言ってもいられない状況ではあるのですが。
或いはこの状況下でも自己の自由のみを目指すマリウスが素敵というか。
その素敵さは無責任であるということと同意義ではあります。
相変わらず,幾つかの重大な事象が同時に進行しているのが楽しい。
グインはクリスタルで復活したアルド・ナリスに遂に再会を果たしました。
この甦ったアルド・ナリスはヤンダル・ゾックによって作られた存在なのかな。
とは言え,その精神の在り方はかつてのアルド・ナリスそのものですが。
生という頸木から解放された彼が追い求めるのは飽くなき知識欲のみ。
ヤンダル・ゾックに盲従することのない彼の存在は今後の鍵となりましょう。
そして,沿海州ではそのクリスタルを巡っての会議が執り行われました。
久しぶりにライゴールのアンダヌス議長が登場したのは嬉しい。
早速,アグラーヤのボルゴ・ヴァレンとともに謀略をパロに仕掛けようとします。
此処にドライドン騎士団のファビアンが絡んでくるのは興味深いですね。
彼の真意,そして雇い主は未だに謎のまま。
意外に重要な存在となってくるのかもしれません。
イシュトヴァーンへの復讐心に燃えるマルコ達とは異なる道を歩むのでしょう。
カメロンへの恩義とスーティへの愛着に揺れるブランの決断も気になります。
スーティの弟であるドリアン王子にもまた数奇な展開が訪れました。
アストリアスが至って常識的な存在へと回帰したのは喜ばしい。
これでモンゴールにも戻れぬ身となってしまいましたけれどね。
グラチウスの元にドリアンとスーティが揃うというのはどうなることか。
仇敵であるイシュトヴァーンの子たちを守護する騎士にアストリアスはなるのかな。
ケイロニアではリギアとヴァルーサの邂逅が楽しかった。
このふたりの気が合わないわけがないですよね。
一方でハゾスはやっぱり好きになれないなあ。
事態の混迷に一役買っている自覚はあるのかしら。
歩みは遅いながらも着実に物語が進行しているのは嬉しい。
中原の諸国家に沿海州も加えた壮大な物語の続きを楽しみにします。
どの国にもヤンダル・ゾックの影が垣間見えるので未来が予測出来ません。

(ハヤカワ文庫JA 2019年)

posted by 森山樹 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年10月04日

購入記録(2019.10.04)

五代ゆう グイン・サーガ(146)雲雀とイリス ハヤカワ文庫JA ¥748

2019年の購入100冊目は〈グイン・サーガ〉の新巻となりました。
題名からしてもマリウスとオクタヴィアが中心でありましょう。
尤も,本当に中心となるべきはグインとアルド・ナリスなのでしょうが。
復活したアルド・ナリスとグインとの再会が楽しみ。
勿論,イシュトヴァーンも絡んでこない筈がありません。
リンダやレムスの動向も含めて物語が加速度を増して面白くなりそうです。

〈2019年書籍購入覚書〉 計100冊
posted by 森山樹 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2019年10月03日

大塚已愛『ネガレアリテの悪魔』

〈2019年読書感想59冊目〉
大塚已愛『ネガレアリテの悪魔』


19世紀末ヴィクトリア朝ロンドンを舞台とした冒険活劇です。
ルーベンスやターナー等の絵画が主題となるのが美術好きとしては嬉しい。
また,ヴィクトリア女王やラスキンといった当時の著名人も登場します。
物語の中心となるネガ・レアリテと呼ばれる世界というか現象が興味深い。
要は絵画を媒介としてあの世との租界が顕現すると言えばいいのでしょうか。
色彩が反転するというのが如何にも絵画的で個人的には好みですね。
主人公はエディスとサミュエルのふたりということになるのかな。
この作品の鍵となるのは“贋作”という存在。
両親の実子ではないエディスと人ではないサミュエルも贋作という想いを抱いています。
これに付け込むのが敵役であるローレンス・ブラウンと名乗る謎の存在。
ネガ・レアリテを舞台にエディスとサミュエルの戦いが描かれます。
一応,幕間を含めて三話が収録された短篇集形式なので読み易いです。
二話と三話はラスキンやヴィクトリア女王の描写が悪意に満ちているのが気になります。
史実としては確かにそういう見方も出来るのかもしれませんけれどもね。
ローレンス・ブラウンの出自を考えると彼の視点からは仕方がないのかなあ。
ヴィクトリア朝という時代を真摯に描く姿勢はかなり好み。
勿論,時代に即したあの事件も作中で取り上げられることになります。
物語としてはいろいろな伏線が残ったままなので続きは期待出来そうかなあ。
サミュエルとローレンスの戦いが終わったわけではありません。
サミュエルの正体は分かりましたが,その出自と失われた記憶は謎のまま。
ロシア人のアレクセイも三話では姿を見せることはありませんでした。
やや気になる点も多いですが,個人的にはかなり好みの作品です。
今後の展開に期待したいと思います。

(角川文庫 2019年)

タグ:大塚已愛
posted by 森山樹 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想

2019年10月02日

2019年9月読書記録

2019年9月に読んだ本は以下の通り。
ジャック・カーリィ 『百番目の男』
神坂一 『スレイヤーズ(9)ベゼルドの妖剣』
神坂一 『スレイヤーズ(10)ソラリアの謀略』
神坂一 『スレイヤーズ(11)クリムゾンの妄執』
神坂一 『スレイヤーズ(12)覇軍の策動』
神坂一 『スレイヤーズ(13)降魔への道標』
雪富千晶紀 『ブルシャーク』

9月の読了は7冊。
前半は順調でしたが,後半は失速した感があります。
〈スレイヤーズ〉第二部の再読も残り2冊で停滞中。
『百番目の男』は意外な真相が面白かった。
というか,流石にこれは予想外というか想定外というか。
このシリーズはずっとこんな雰囲気で進んでいくのでしょうか。
読み続けたい気はあるのだけれど,意外に店頭にないのですよね。
古書店をあたってみるしかないかもしれません。
『ブルシャーク』はこの月一番のお気に入り。
パニック映画の王道に則った物語がたまらなく楽しい。
題名に心惹かれましたが,直感を信じて大正解でありました。
この作者の作品は今後も少しずつ追いかけたいと思います。
posted by 森山樹 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

2019年10月01日

2019年10月書籍購入予定

2019.10.03 五代ゆう グイン・サーガ(146)雲雀とイリス ハヤカワ文庫JA
2019.10.04 沼野充義 ロシア怪談集 河出文庫
2019.10.04 荒俣宏 アメリカ怪談集 河出文庫
2019.10.09 田中芳樹 創竜伝(14)月への門 講談社ノベルス
2019.10.16 椹野道流 無明の闇 鬼籍通覧 講談社文庫
2019.10.19 神坂一 スレイヤーズ(17)遥かなる帰路 富士見ファンタジア文庫
2019.10.24 櫛木理宇 ホーンテッド・キャンパス(16) 角川ホラー文庫

〈創竜伝〉とか〈スレイヤーズ〉とか懐かしい名前が並びます。
まあ,〈スレイヤーズ〉は一応昨年の復活ではありますが。
というわけで,16年ぶりの〈創竜伝〉の新刊が楽しみ。
但し,内容は忘れてしまっているのですよねえ。
再読しようにも既刊分が店頭に並んでいませんでした。
最新巻の刊行をもって再刊されれば嬉しいのですけれども。
〈スレイヤーズ〉は待望の第三部が開始。
ゼルガディスやアメリア,ゼロスが出ることに期待しています。
〈グイン・サーガ〉がグインとアルド・ナリスが再会する巻。
此方も更に激動が始まる予感があります。
〈ホーンテッド・キャンパス〉は久しぶりに再読を始めるつもり。
読書の秋に相応しい月にしたいものです。
posted by 森山樹 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定