2019年10月03日

大塚已愛『ネガレアリテの悪魔』

〈2019年読書感想59冊目〉
大塚已愛『ネガレアリテの悪魔』


19世紀末ヴィクトリア朝ロンドンを舞台とした冒険活劇です。
ルーベンスやターナー等の絵画が主題となるのが美術好きとしては嬉しい。
また,ヴィクトリア女王やラスキンといった当時の著名人も登場します。
物語の中心となるネガ・レアリテと呼ばれる世界というか現象が興味深い。
要は絵画を媒介としてあの世との租界が顕現すると言えばいいのでしょうか。
色彩が反転するというのが如何にも絵画的で個人的には好みですね。
主人公はエディスとサミュエルのふたりということになるのかな。
この作品の鍵となるのは“贋作”という存在。
両親の実子ではないエディスと人ではないサミュエルも贋作という想いを抱いています。
これに付け込むのが敵役であるローレンス・ブラウンと名乗る謎の存在。
ネガ・レアリテを舞台にエディスとサミュエルの戦いが描かれます。
一応,幕間を含めて三話が収録された短篇集形式なので読み易いです。
二話と三話はラスキンやヴィクトリア女王の描写が悪意に満ちているのが気になります。
史実としては確かにそういう見方も出来るのかもしれませんけれどもね。
ローレンス・ブラウンの出自を考えると彼の視点からは仕方がないのかなあ。
ヴィクトリア朝という時代を真摯に描く姿勢はかなり好み。
勿論,時代に即したあの事件も作中で取り上げられることになります。
物語としてはいろいろな伏線が残ったままなので続きは期待出来そうかなあ。
サミュエルとローレンスの戦いが終わったわけではありません。
サミュエルの正体は分かりましたが,その出自と失われた記憶は謎のまま。
ロシア人のアレクセイも三話では姿を見せることはありませんでした。
やや気になる点も多いですが,個人的にはかなり好みの作品です。
今後の展開に期待したいと思います。

(角川文庫 2019年)

タグ:大塚已愛
posted by 森山樹 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想