2019年12月03日

2019年11月読書記録

2019年11月に読んだ本は以下の通り。
櫛木理宇 『ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁』
高田崇史 『QED 憂曇華の時』
田中芳樹 『アルスラーン戦記(15)戦旗不倒』
加藤実秋 『メゾン・ド・ポリス(4)殺人容疑の退職刑事』

11月の読了は4冊。
仕事がやや多忙だったのと他の趣味に時間を割いたので読書はやや低調。
それでも一週間に1冊は読めているので,一時に比べたら堅調ではあります。
このくらいを最低水準にはしたいところかなあ。
『QED 憂曇華の時』は〈QED〉シリーズの本篇最新作。
一度は完結したシリーズですが,再始動ということになるのでしょうか。
尤も,外伝や番外篇は結構出ているので,完結した印象は薄いのですけれどね。
『メゾン・ド・ポリス(4)殺人容疑の退職刑事』も相変わらず楽しい。
前作とは異なり再び短篇集に回帰しています。
次作への振りもきちんと用意されているので期待しています。
後の2冊は事実上の再読ということになります。
posted by 森山樹 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録