2020年01月13日

ジェフリー・ディーヴァー『扇動者(下)』

〈2020年読書感想3冊目〉
ジェフリー・ディーヴァー『扇動者(下)』


〈キャサリン・ダンス〉シリーズの第4作目『扇動者』の下巻です。
幾つかの事件が一点に収束する展開が楽しい。
と言っても,事件の様相が二転三転するわけではないのが物足りない。
まあ,〈リンカーン・ライム〉シリーズとは違うので仕方がないのですけれどね。
群集事故を引き起こしたアンティオック・マーチの手腕は称賛に値します。
但し,その事件の真の目的はかなり想定通りなのは残念でした。
実に現代的な目的であり,それが故に見通し易かったとも言えます。
そして,キャサリン・ダンスが左遷される原因となった事件の真相は予想外。
途中からなんとなくおかしいなという意識はあったのですけれどね。
T.J.スキャンロンがいずれの事件でも重要な役割を担ったのは嬉しい。
改めて彼の有能さが素晴らしいです。
ウェスとマギー,キャサリン・ダンスの子供たちそれぞれの事情も明らかにされます。
このあたりは本筋とは絡まないのですが,大変に面白かった。
特にウェスについてはかなり安心させられました。
そして,ジョン・ボーリングとマイケル・オニールとの関係にも答えが出されます。
これもまた予想通りと言えば予想通りなのですが,此処で来るとは思いませんでした。
リンカーン・ライム程の天才性がない分,泥臭い捜査が続くのは好み。
事件そのものの結末は〈リンカーン・ライム〉よりも面白さを感じないのは残念です。
いつか,また,キャサリン・ダンスとリンカーン・ライムの競演が見たいです。
彼との思い出の品が登場することに嬉しさを感じる作品でありました。

(文春文庫 2019年)
posted by 森山樹 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想