2020年01月16日

2019年マイベスト

2019年に読んだ本の中で特に印象に残った10作品+1です。
並びは読んだ順番であって,序列ではありません。
例年通りに2019年に刊行された作品は少ないです。

キム・ニューマン『モリアーティ秘録』

モリアーティ教授とモラン大佐から語られる〈シャーロック・ホームズ〉。
モラン大佐が意外に苦労人で楽しいのですが,やっぱり悪漢ですねえ。

加藤実秋〈メゾン・ド・ポリス〉

最新巻である第4巻まで一気に読んでしまいました。
加藤実秋らしい瀟洒で軽妙なミステリィ作品です。
1980年代分は割と控えめな気がします。

若竹七海『殺人鬼がもう一人』

若竹毒が満載の素敵な悪漢短篇小説です。
軽妙なんだけど,うすら寒さを感じさせる展開がたまりません。

高井忍『京都東山 美術館と夜のアート』

大好きな作家による大好きな歴史芸術ミステリィ連作短篇集。
作者による歴史ミステリィという分野に対する指摘に共感します。
勿論,物語としても存分に楽しい。

北原尚彦『ホームズ連盟の冒険』

正統派の〈シャーロック・ホームズ〉パスティーシュ。
正典に登場するいろいろな人物が探偵役を務めます。

京極夏彦〈今昔百鬼拾遺〉

3か月連続で,異なる出版社から刊行の〈妖怪〉シリーズ番外篇。
『鵼の碑』と同時期以降の物語と言うのは興味深いです。

ジェームズ・ロリンズ〈シグマフォース〉

歴史と科学の融合を標榜する冒険小説シリーズです。
とりあえず第一期に該当するであろう作品までは読了。
徐々に神秘主義的な傾向が見られるのは気になります。

雪富千晶紀『ブルシャーク』

まさに鮫映画を小説の形に落とし込んだ素晴らしい作品。
科学的な見地からの視点も大いに楽しかったです。

五代ゆう『グイン・サーガ(146)雲雀とイリス』

暫く積んでいた3冊を一気に読了した〈グイン・サーガ〉の最新巻。
アルド・ナリスの復活が中原に如何なる影響を及ぼすのか楽しみ。

田中芳樹『創竜伝(14)月への門』

刊行されたこと自体が既に衝撃的な〈創竜伝〉の最新巻。
次巻で完結と言うことですが,きちんと終ってくれるのかな。
“皆殺しの田中”の名が相応しい巻でもありました。

高田崇史『QED 憂曇華の時』

一度は完結したものの新たに刊行された〈QED〉本篇の最新巻。
穂高神社と宇佐神宮の意外な繋がりは作者の真骨頂でしょう。
このままシリーズ再開と言う形になるのでしょうか。
posted by 森山樹 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文