2016年01月18日

2015年傾向分析

1位 東京創元社(27冊)
2位 早川書房(15冊)
3位 角川書店(12冊)
3位 メディアワークス(12冊)
5位 集英社(9冊)
5位 講談社(9冊)
7位 文藝春秋社(5冊)
8位 光文社(4冊)
8位 双葉社(4冊)
10位 富士見書房(3冊)
10位 朝日新聞出版(3冊)
10位 実業之日本社(3冊)

 2015年に購入した本を出版社別に統計を取ってみました。多少の誤差はある筈。なお,個人的な趣味で角川書店とメディアワークス,富士見書房は別枠で集計しています。

 上位2社は想定内だったけれど,意外に差がついたのは驚きました。もっと早川書房が多いと思っていたのだけれどなあ。創元推理文庫のほうがミステリィとしては惹かれる傾向は自覚するところです。続いて,角川書店はともかくメディアワークスが多かったのも面白い。まあ,〈0能者ミナト〉だけで7冊稼いでいますからね。集英社は集英社オレンジ文庫が存外に好み。女性向けという印象も強いですが,それ程抵抗なく読んでいます。講談社は意外に少なめ。講談社ノベルス次第かなあ。10位の朝日新聞出版は朝日エアロ文庫の〈ARIEL〉2冊が大きいです。富士見L文庫もそうですが,ライトノベルの延長線上にあるレーベルが意外にこの蓑なのは面白いです。

 この種の統計で自己分析をするのは結構楽しい。余力があれば,毎年の恒例としたいところです。上位2社の顔触れは変わることは読書傾向が変わらない限り,先ずないと思いますけれどね。
posted by 森山樹 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172245925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック