2019年04月26日

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』

〈2019年読書感想15冊目〉
京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』


〈百鬼夜行〉シリーズの番外篇にあたる新シリーズの開幕篇。
今作は主人公を中禅寺敦子と呉美由紀が務めます。
このシリーズ全体の主人公であるのかは次回作以降を読まないと分かりません。
ともあれ,このふたりの組み合わせは意外な感があって好き。
京極堂こと中禅寺夏彦や関口巽,榎木津礼二郎,木場修太郎らは全く姿を見せません。
彼らは栃木県で事件に巻き込まれているとのこと。
よって,本作は未だ刊行されない『鵼の碑』と同時期の作品と言えます。
今回の事件は「昭和の辻斬り事件」と称された猟奇事件をふたりが追うもの。
相変わらずの衒学的な雰囲気はかなり好みです。
但し,事件としてはそれ程意外性がなく寧ろ凡庸と言えるもの。
それでもなお雰囲気で楽しませる点に〈百鬼夜行〉特有の魅力を有しています。
『塗仏の宴』での失敗からか敦子に聊か翳りが見受けられるのは残念。
個人的には〈百鬼夜行〉当初の元気で快活な姿を見せて欲しかった。
片や呉美由紀の方は『絡新婦の理』で魅せた聡明さは健在で非常に良い。
事件を最終的な解決に導いたのが彼女の大演説というのも素敵でありました。
『絡新婦の理』に続いて猟奇殺人に巻き込まれるというのは不幸ではありますが。
その不幸さを払い除ける強さを彼女には感じます。
残念だったのは〈百鬼夜行〉の常連が後は鳥口くらいしか出番がなかったということ。
青木刑事らが作中で言及されたのでまだしもですが,やはり寂しい。
魅力的な登場人物を多数有するシリーズだけに次回作以降は期待したいものです。
また,凌雲閣や新撰組が事件の背景に用意されているのも個人的に好み。
こういった時代を表す事象との交差はやはり楽しいものがあります。
如何にも番外篇といった体裁で悪くはないけれど,満足度もそれ程には高くない。
本篇のような重厚で多層的な構造の作品を期待すると当てが外れます。
とは言え,シリーズの雰囲気を保った掌編としては十分に楽しい。
来月再来月と刊行される二作目三作目も期待したいと思います。
それよりも何よりもいい加減に『鵼の碑』を読みたいのですけれどね。
何が原因で刊行されないのか分かりませんが,動きだけでも提示して欲しいものです。

(講談社タイガ 2019年)

posted by 森山樹 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185912219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック