2019年07月29日

神坂一『スレイヤーズ(3)サイラーグの妖魔』

〈2019年読書感想38冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(3)サイラーグの妖魔』


新たな仲間としてシルフィールが登場する〈スレイヤーズ〉の第3巻。
ゼルガディスも再登場し,シリーズの方向性が概ね定まった巻とも言えます。
第1巻で魔王を倒す決め手となった重破斬に制約がかかったのも良し。
また,短篇集との関係も匂わせているのが当時楽しかった覚えがあります。
“白蛇”のナーガあたりは本篇での共演も観たかったなあ。
尤も,いろいろな意味でアメリアとの関係がややこしくなるのですが。
そして,再登場したディルギアの出オチ感が酷い。
ラハニムの立ち位置はヌンサではダメだったのでしょうか。
本当に第1巻でヌンサを出した意味がないのですけれども。
物語としては第1巻の直系の続き。
復活した赤法師レゾを巡る戦いが展開されます。
何度も登場する魔道士ヴルムグンあたりの謎解きは面白かった。
まあ,既に安易に登場する人物は疑えの法則は確立されているのですが。
そして,今巻から登場のシルフィールがいろいろと可愛い。
最終決戦で彼女の術が決め手となるなど優遇されています。
祝福の剣を巡る回想なんかは如何にも〈スレイヤーズ〉だなあと思いますけれども。
街ひとつがあっさり吹き飛ぶあたりも〈スレイヤーズ〉ならでは。
文章は軽く,内容は重く,を地で行っている感があります。
余韻が残る結末も非常に好み。
更に苛烈を増す戦いに期待せざるを得ません。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186341861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック