2019年09月11日

神坂一『スレイヤーズ(11)クリムゾンの妄執』

〈2019年読書感想55冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(11)クリムゾンの妄執』


魔族の陰謀が人間社会を蝕みつつあることを実感する〈スレイヤーズ〉第11巻です。
まあ,魔族自体は登場しないというのが,割と珍しい展開ではあります。
魔道士協会が舞台や人間のキメラが登場するので『アトラスの魔道士』を想起させます。
このあたりは前巻から引き続く傾向ではありますね。
また,第二部で仲間となるルークとミリーナの出番がないのも特徴的。
あまりに陰鬱な結末も含めて,シリーズの中では異彩を放っています。
尤も,今後は最後までこの傾向は引き継がれていくのですけれどね。
何気に,どころか今巻は登場人物がほぼ全員退場してしまうというのはしんどい。
魔道士ディラールなんて何のために登場したのかすらよく分かりませんでした。
ベルとアリアの姉妹の悲劇もやるせないものを感じてしまいます。
人間の負の感情に付け込む魔族の悪趣味さが強烈なお話でありました。
ドゥールゴーファが大きな役割を果たし,覇王将軍シェーラの再登場を予感させます。
現段階では覇王将軍シェーラ及び覇王グラウシェラーの目的は不明のまま。
それ以外の獣王や海王が何処まで関わっているのも未だに分かりません。
獣王が参戦しているなら,ゼロスも登場しそうなものですけれどね。
しかし,第二部に入ってからは敵が外道ばかりというのは辛い。
第一部以上に敵味方第三者の退場者が多いような気がします。
今にして思えば,アメリアのあの明るい雰囲気は救いでありましたね。
相変わらず戦闘場面が多くて物語としては薄さを感じるのも難点かなあ。
第二部としての方向性は分かりますが,何処か迷走も感じさせます。
このあたりは覇王将軍シェーラが再登場するであろう次巻に期待します。
魔族の新たな目的が判明することで展開も締まったものになると思いたいところ。
第一部後半程度には盛り上がることを楽しみにしています。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186542237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック