2019年10月20日

神坂一『スレイヤーズ(14)セレンティアの憎悪』

〈2019年読書感想64冊目〉
神坂一『スレイヤーズ(14)セレンティアの憎悪』


表紙のミリーナの姿がいろいろと物語る〈スレイヤーズ〉の第14巻です。
陰鬱な雰囲気が漂う第二部の中でも圧倒的に後味が悪い巻となります。
この第二部の最終的となる存在がまさかの人物で驚きました。
人間に絶望する描写が続いたのが此処に収束するのかと感心しました。
第一部よりもシリーズを通しての伏線の貼り方が巧みなのですよね。
ゼルガディスやアメリアが第二部に登場しなかった理由も漸く分かります。
まあ,あくまでも創作上の制限と言えば,それまでなのでしょうが。
神官長の座を巡り4人の大神官による抗争が生じた都市が舞台です。
そこに巻き込まれたリナ達の戦いが描かれるというのはいつも通り。
すっかり存在を忘れていたゾードの再登場が大きな事件となるのは好み。
尤も,ゾードはその悪行に相応しい悲惨な末路を辿ることになるのですが。
終焉の引き金を引いてしまったのが取るに足らない人物だったというのがなんとも。
そして,中盤以降は復讐の鬼と化したルークとの戦いが続きます。
共に手の内を知り,気心も知れた仲ということでのやり難さが悲しい。
但し,それが故に相手の行動を熟知したうえでの心理戦は読み応えがあります。
今回の事件の黒幕の卑小さも呆気なくて,感情のやり場に困ります。
ルークにとってミリーナは或る意味で希望の象徴だったのでしょうね。
裏世界で暗殺者として生きてきたルークの過去が語られるのも辛かった。
ミリーナとの出逢いがそんなルークを救っていたのかもしれません。
だからこそ,ミリーナを失ったときの絶望と憎悪は計り知れなかった。
それでもリナとガウリイに暗に止めて欲しいと訴えるルークの心もまた本物。
第二部最終巻となる次巻ではルークとの決着が描かれることになります。
共に魔族と戦ってきたルークとの悲しい戦いのときが迫ります。
第三部の刊行も開始されましたし,第15巻も一気に読んでいきたいものです。

(富士見ファンタジア文庫 2008年)

タグ:神坂一
posted by 森山樹 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186702714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック