2019年11月24日

田中芳樹『アルスラーン戦記(15)戦旗不倒』

〈2019年読書感想69冊目〉
田中芳樹『アルスラーン戦記(15)戦旗不倒』


再臨した蛇王ザッハークの軍勢との戦いが苛烈する〈アルスラーン戦記〉第15巻です。
軍師であり宮廷画家でもあるナルサスが横死する重要な巻でもあります。
アルスラーンの将来を決定づけたのがヒルメスだったというのも運命的でありましょう。
その発端が単なる偶然に過ぎなかったというのも歴史の嘲笑を感じさせます。
今巻で主な舞台となるのはパルス以外ではミスルとシンドゥラ,マルヤムです。
ミスルではヒルメスを放逐し王座を奪ったテュニプと孔雀姫フィトナが中心となります。
テュニプの末路は悲惨なものでありましたが,同情には値しません。
というか,最後は完全に孔雀姫フィトナの術中に嵌まった感があります。
勿論,その背後に潜むラヴァンあってのことではあるのですが。
フィトナもラヴァンも此処まで重要な立ち位置となるとは登場時は思いませんでした。
特にラヴァンの真の正体はあまりに意外過ぎます。
これは当初からの構想通りということになるのでしょうか。
シンドゥラではパリパダが暴発し,カドフィセスが殺害されました。
カドフィセスは結局最後まで存在意義が分からなかったなあ。
一方でサリーマ王女の聡明さが素晴らしい。
そして,マルヤムではギスカールとヒルメスが再同盟を組むことになります。
ギスカールの器量をヒルメスが意外に高く評価しているのが面白いところ。
ギスカールは作中においてもかなり好きな登場人物なので嬉しいです。
ヒルメスは何と言うか坂道を転げ落ちるような運命でありますね。
チュルクでイリーナ王女とともに穏やかに幸せに暮らして欲しかった。
そのヒルメスとブルハーンによりナルサスとアルフリードが舞台から去りました。
最後にふたりが結ばれたのがせめてもの慰めというべきか。
しかし,ナルサスがザーブル城へ単独行を決めた理由は終ぞ理解出来ませんでした。
このあたりがやや個人的には消化不良な感があります。
それにしてもアルフリードとその夫を失ったメルレインの慨嘆が胸に迫ります。
ペシャワールに続き,ソレイマニエが落ち,ナルサスさえもアルスラーンは失いました。
蛇王ザッハークと魔将軍イルテリシュが率いる魔軍との戦いが迫ります。
更にヒルメス,フィトナ,ギスカールも健在という危機的な状況を迎えました。
残すはただ1巻のみ。
〈アルスラーン戦記〉に如何なる終幕が訪れるのか不安を感じる巻でありました。

(光文社文庫 2019年)

タグ:田中芳樹
posted by 森山樹 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186838587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック