2020年01月20日

2019年傾向分析

2019年に購入した本を出版社別に統計を取ってみました。
多少の誤差はある筈です。
因みに前回に企画したのは2015年ということになります。

竹書房(29冊)
角川書店(23冊)
富士見書房(18冊)
講談社(12冊)
東京創元社(9冊)
早川書房(6冊)
集英社,文芸春秋社,新潮社(5冊)
光文社(4冊)

竹書房はジェームス・ロリンズの〈シグマフォース〉が大きかったかな。
富士見書房も殆どが〈スレイヤーズ〉ということになります。
角川書店も〈ホーンテッド・キャンパス〉で結構稼いでいる筈。
シリーズものを改めて蒐集すると一気に増えますね。
尤も,角川書店はそれ以外にも結構購入していますが。
その意味ではやはり講談社や東京創元社は上位安定といえます。
早川書房が少なかったのは意外でした。
posted by 森山樹 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187057872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック