2020年01月16日

2019年マイベスト

2019年に読んだ本の中で特に印象に残った10作品+1です。
並びは読んだ順番であって,序列ではありません。
例年通りに2019年に刊行された作品は少ないです。

キム・ニューマン『モリアーティ秘録』

モリアーティ教授とモラン大佐から語られる〈シャーロック・ホームズ〉。
モラン大佐が意外に苦労人で楽しいのですが,やっぱり悪漢ですねえ。

加藤実秋〈メゾン・ド・ポリス〉

最新巻である第4巻まで一気に読んでしまいました。
加藤実秋らしい瀟洒で軽妙なミステリィ作品です。
1980年代分は割と控えめな気がします。

若竹七海『殺人鬼がもう一人』

若竹毒が満載の素敵な悪漢短篇小説です。
軽妙なんだけど,うすら寒さを感じさせる展開がたまりません。

高井忍『京都東山 美術館と夜のアート』

大好きな作家による大好きな歴史芸術ミステリィ連作短篇集。
作者による歴史ミステリィという分野に対する指摘に共感します。
勿論,物語としても存分に楽しい。

北原尚彦『ホームズ連盟の冒険』

正統派の〈シャーロック・ホームズ〉パスティーシュ。
正典に登場するいろいろな人物が探偵役を務めます。

京極夏彦〈今昔百鬼拾遺〉

3か月連続で,異なる出版社から刊行の〈妖怪〉シリーズ番外篇。
『鵼の碑』と同時期以降の物語と言うのは興味深いです。

ジェームズ・ロリンズ〈シグマフォース〉

歴史と科学の融合を標榜する冒険小説シリーズです。
とりあえず第一期に該当するであろう作品までは読了。
徐々に神秘主義的な傾向が見られるのは気になります。

雪富千晶紀『ブルシャーク』

まさに鮫映画を小説の形に落とし込んだ素晴らしい作品。
科学的な見地からの視点も大いに楽しかったです。

五代ゆう『グイン・サーガ(146)雲雀とイリス』

暫く積んでいた3冊を一気に読了した〈グイン・サーガ〉の最新巻。
アルド・ナリスの復活が中原に如何なる影響を及ぼすのか楽しみ。

田中芳樹『創竜伝(14)月への門』

刊行されたこと自体が既に衝撃的な〈創竜伝〉の最新巻。
次巻で完結と言うことですが,きちんと終ってくれるのかな。
“皆殺しの田中”の名が相応しい巻でもありました。

高田崇史『QED 憂曇華の時』

一度は完結したものの新たに刊行された〈QED〉本篇の最新巻。
穂高神社と宇佐神宮の意外な繋がりは作者の真骨頂でしょう。
このままシリーズ再開と言う形になるのでしょうか。
posted by 森山樹 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2020年01月09日

2019年後半を振り返って

購入数は80冊で,読了数は45冊。
購入数も読了数も前半に比べて増加となりました。
尤も,読書に関しては再読が多めだったということは言えます。
また,所謂ライトノベルに偏っていた感があるのも事実。
もう少し海外小説を読みたいところでありました。

敢えて印象に残った作品を挙げると以下の通り。
雪富千晶紀『ブルシャーク』
五代ゆう『グイン・サーガ(146)雲雀とイリス』
田中芳樹『創竜伝(14)月への門』
高田崇史『QED 憂曇華の時』

『ブルシャーク』はパニック映画好きにはたまらない作品。
科学的見地からの考察も好みでありました。
〈グイン・サーガ〉は溜まっていた作品を一気読み。
アルド・ナリスの復活が如何なる局面を呼ぶのか楽しみです。
刊行速度が遅いと思ってしまうのは,栗本薫の弊害でありましょう。
『創竜伝(14)』は16年ぶりとなった新巻です。
意外に内容を覚えていたのが面白い。
次巻で完結となりますが,きちんとまとめられるのでしょうか。
『QED 憂曇華の時』は完結した筈の〈QED〉の最新巻。
再開ということになるのでしょうか。
それはそれで楽しみなのですけれども。
posted by 森山樹 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2019年07月22日

2019年前半を振り返って

購入数は52冊で,読了数は34冊。
久しぶりに真面目にブログを更新しています。
適当だけど,それなりに感想が書けているのも悪くない。
このままの更新頻度を保ちたいものです。
月に10冊くらいは読めればいいのですけれども。

敢えて印象に残った作品を挙げると以下の通り。
キム・ニューマン 『モリーアティ秘録』
ジェームズ・ロリンズ 『マギの聖骨』
若竹七海 『殺人鬼がもう一人』
五代ゆう 『グイン・サーガ(145)水晶宮の影』
京極夏彦 『古今百鬼拾遺 河童』
北原尚彦 『ホームズ連盟の冒険』
高井忍 『蜃気楼の王国』

割とシリーズものを読んでいた印象が強いです。
一応,ジェームズ・ロリンズの〈シグマフォース〉に嵌まっているのかな。
何とか今年中には或る程度まで既刊に追い着きたいものです。
五代ゆうの描く〈グイン・サーガ〉は何とか追い着くことが出来ました。
今後はきちんと刊行を追いかけていきたいものです。
京極夏彦の〈古今百鬼拾遺〉は一応順調に追いかけている筈。
番外篇よりも本篇の刊行を待ち望んでいます。
仄めかしは多いのですけれどもね。

2019年後半もこのままの水準は最低限保ちたいものです。
読了後に感想を書くこのままの様式で頑張っていきたいと思います。
感想の内容は割と適当なのですけれどね。
年間100冊読めれば問題はありません。
読書意欲が復活している今こそ習慣として定着させたいものです。
posted by 森山樹 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月18日

2015年傾向分析

1位 東京創元社(27冊)
2位 早川書房(15冊)
3位 角川書店(12冊)
3位 メディアワークス(12冊)
5位 集英社(9冊)
5位 講談社(9冊)
7位 文藝春秋社(5冊)
8位 光文社(4冊)
8位 双葉社(4冊)
10位 富士見書房(3冊)
10位 朝日新聞出版(3冊)
10位 実業之日本社(3冊)

 2015年に購入した本を出版社別に統計を取ってみました。多少の誤差はある筈。なお,個人的な趣味で角川書店とメディアワークス,富士見書房は別枠で集計しています。

 上位2社は想定内だったけれど,意外に差がついたのは驚きました。もっと早川書房が多いと思っていたのだけれどなあ。創元推理文庫のほうがミステリィとしては惹かれる傾向は自覚するところです。続いて,角川書店はともかくメディアワークスが多かったのも面白い。まあ,〈0能者ミナト〉だけで7冊稼いでいますからね。集英社は集英社オレンジ文庫が存外に好み。女性向けという印象も強いですが,それ程抵抗なく読んでいます。講談社は意外に少なめ。講談社ノベルス次第かなあ。10位の朝日新聞出版は朝日エアロ文庫の〈ARIEL〉2冊が大きいです。富士見L文庫もそうですが,ライトノベルの延長線上にあるレーベルが意外にこの蓑なのは面白いです。

 この種の統計で自己分析をするのは結構楽しい。余力があれば,毎年の恒例としたいところです。上位2社の顔触れは変わることは読書傾向が変わらない限り,先ずないと思いますけれどね。
posted by 森山樹 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月10日

2015年マイベスト

2015年に読んだ本の中で特に印象に残った10作品です。
並びは読んだ順番であって,序列ではありません。


田中芳樹 『タイタニア(5)凄風篇』
完結したという事実,それだけで素晴らしい。
その後のファン・ヒューリックとジュスラン・タイタニアの軌跡が知りたいです。


井上真偽 『恋と禁忌の述語論理』
ミステリィとしてはそれ程面白いわけではないし,設定も凡庸。
それでもなお此処まで論理学を駆使したミステリィということが面白い。


北村薫 『太宰治の辞書』
実に久しぶりの刊行となった〈円紫さんと私〉の第6作目。
その端整で清冽な物語は健在でありました。


吉田篤弘 『レインコートを着た犬』
月舟町を舞台とする三部作の最終巻。
折に触れて,つむじ風食堂が舞台となるのが嬉しかった。


三津田信三 『幽女の如き怨むもの』
刀城言耶を主人公とするホラーミステリィの第6長篇。
妓楼に揚げられた遊女の一代記としての物語が悲しくも魅力的。


森晶麿 『花酔いロジック 坂月蝶子の恋と酔察』
酒と謎に満ちた学生生活が魅力的な〈花酔いロジック〉の第2作目。
男女の絶妙な距離感を描かされたら森晶麿に叶う人はいません。


北原尚彦 『シャーロック・ホームズの蒐集』
正統的な〈シャーロック・ホームズ〉パスティーシュ短篇集。
比較的知名度の低い語られざる事件が扱われているのが楽しいです。


初野晴 『惑星カロン』
久しぶりの〈ハルチカ〉シリーズ最新作。
草壁先生の過去の一端が明かされるとともにマンボウが再登場。


ライナー・レフラー 『人形遣い』
ドイツを舞台とした事件分析官を主人公とするミステリィ長篇。
過不足のない重厚な物語が非常に面白かった。


ピーター・トレメイン 『消えた修道士』
激動の展開が続く〈修道士フィデルマ〉の長篇最新邦訳。
フィデルマとエイダルフの関係が如何なる方向へ進むのか楽しみです。
posted by 森山樹 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文