2019年12月02日

2019年12月書籍購入予定

2019.12.05 若竹七海 不穏な眠り 文春文庫
2019.12.07 エレン・ダトロウ篇 ラヴクラフトの怪物たち(下) 新紀元社
2019.12.11 鯨統一郎 文豪たちの怪しい宴 創元推理文庫
2019.12.13 椹野道流 隻手の声 鬼籍通覧 講談社文庫
2019.12.22 太田紫織 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 私を殺したお人形 角川文庫
2019.12.22 大塚已愛 ネガレアリテの悪魔 黎明の夜想曲 角川文庫
2019.12.25 峰守ひろかず 絶対城先輩の妖怪学講座(12) メディアワークス文庫

若竹七海の『不穏な眠り』は〈葉月晶〉シリーズの最新作。
一時は止まっていたシリーズですが,最近は毎年新作が刊行されています。
大好きなシリーズなので早めに着手したいものです。
鯨統一郎の『文豪たちの怪しい宴』は『邪馬台国はどこですか』に連なる作品かな。
宮田の登場は確定のようですが,静香にも是非姿を見せて欲しい。
そして,『絶対城先輩の妖怪学講座』は今巻で完結となります。
本筋の物語は前巻で概ね完結しているので,後日譚が中心となるのでしょうか。
取り上げられる妖怪が“化け猫”というのも楽しみであります。
posted by 森山樹 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2019年11月01日

2019年11月書籍購入予定

2019.11.05 松尾恒一 日本の民俗宗教 ちくま新書
2019.11.07 恩田陸 錆びた太陽 朝日文庫
2019.11.07 筑紫申真 日本の神話 ちくま学芸文庫
2019.11.07 中村禎里 河童の日本史 ちくま学芸文庫
2019.11.07 三浦佑之 古事記神話入門 文春文庫
2019.11.07 ジェフリー・ディーヴァー 扇動者(上) 文春文庫
2019.11.07 ジェフリー・ディーヴァー 扇動者(下) 文春文庫
2019.11.08 高田崇史 QED 憂雲華の時 講談社ノベルス
2019.11.12 田中芳樹 アルスラーン戦記(15)戦旗不倒 光文社文庫
2019.11.14 椹野道流 鬼籍通覧 壺中の天 講談社文庫
2019.11.14 上田早夕里 破滅の王 双葉文庫
2019.11.20 ポール・アダム ヴァイオリン職人と消えた北欧楽器 創元推理文庫
2019.11.20 竹田いさみ 海の地政学 覇権をめぐる400年史 中公新書
2019.11.21 大塚已愛 ネガレアリテの悪魔 裏切り者の鎮魂歌 角川文庫
2019.11.21 加藤実秋 メゾン・ド・ポリス(4)殺人容疑の退職刑事 角川文庫
2019.11.21 COCO他 里山奇談 よみがえる土地の記憶 角川文庫
2019.11.28 島田裕巳 二十二社 幻冬舎新書

割と多めで嬉しいです。
先ずは久しぶりの〈QED〉の長篇が楽しみでなりません。
一旦は完結した筈なのに結構新刊が刊行されますね。
『ネガレアリテの悪魔 裏切り者の鎮魂歌』も期待しています。
〈メゾン・ド・ポリス〉の第4作目も面白そう。
前作に引き続き長篇ということになるのでしょうか。
『扇動者』は〈キャサリン・ダンス〉シリーズの新作ですね。
今年は〈リンカーン・ライム〉シリーズの文庫化はないのかな。
〈アルスラーン戦記〉は文庫版も残り2冊となりました。
改めて読んでみるのも悪くなさそうです。
文庫版での再読が何処まで行ったのかは覚えていないけれど。
posted by 森山樹 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2019年10月01日

2019年10月書籍購入予定

2019.10.03 五代ゆう グイン・サーガ(146)雲雀とイリス ハヤカワ文庫JA
2019.10.04 沼野充義 ロシア怪談集 河出文庫
2019.10.04 荒俣宏 アメリカ怪談集 河出文庫
2019.10.09 田中芳樹 創竜伝(14)月への門 講談社ノベルス
2019.10.16 椹野道流 無明の闇 鬼籍通覧 講談社文庫
2019.10.19 神坂一 スレイヤーズ(17)遥かなる帰路 富士見ファンタジア文庫
2019.10.24 櫛木理宇 ホーンテッド・キャンパス(16) 角川ホラー文庫

〈創竜伝〉とか〈スレイヤーズ〉とか懐かしい名前が並びます。
まあ,〈スレイヤーズ〉は一応昨年の復活ではありますが。
というわけで,16年ぶりの〈創竜伝〉の新刊が楽しみ。
但し,内容は忘れてしまっているのですよねえ。
再読しようにも既刊分が店頭に並んでいませんでした。
最新巻の刊行をもって再刊されれば嬉しいのですけれども。
〈スレイヤーズ〉は待望の第三部が開始。
ゼルガディスやアメリア,ゼロスが出ることに期待しています。
〈グイン・サーガ〉がグインとアルド・ナリスが再会する巻。
此方も更に激動が始まる予感があります。
〈ホーンテッド・キャンパス〉は久しぶりに再読を始めるつもり。
読書の秋に相応しい月にしたいものです。
posted by 森山樹 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2019年09月02日

2019年9月書籍購入予定

2019.09.10 中山茂 西洋占星術史 講談社学術文庫
2019.09.13 椹野道流 暁天の星 講談社文庫
2019.09.20 加納朋子 我ら荒野の七重奏 集英社文庫
2019.09.20 カミラ・レックバリ 魔女(上) 集英社文庫
2019.09.20 カミラ・レックバリ 魔女(下) 集英社文庫
2019.09.26 スティーヴン・キング他 恐怖の飛行 竹書房文庫

あまり興味を引く作品はなさそう。
『恐怖の飛行』はアンソロジーらしいです。
ピーター・トレメイン作品の収録に期待したいもの。
〈修道女フィデルマ〉の刊行も止まっているので何とかして欲しいなあ。
『暁天の星』は〈鬼籍通覧〉の新装版第1作目となります。
以前は読んでいて悪くなかったので再読の契機とします。
加納朋子は最近あまり読んでいないのですよね。
ミステリィ色が完全に薄まってしまったのが残念です。
ここ最近同様に新刊を積極的に読むという月にはならないかもしれません。
posted by 森山樹 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2019年08月01日

2019年8月書籍購入予定

08.01 水野良 『ロードス島戦記 誓約の宝冠(1)』 角川スニーカー文庫
08.08 鯨統一郎 『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』 ハルキ文庫
08.23 恩田陸 『失われた地図』 角川文庫
08.29 平井呈一/訳 『幽霊島』 創元推理文庫

毎月同じことを言っていますが少ないなあ。
今月は特に少ない気がします。
『ロードス島戦記 誓約の宝冠』は漸くの刊行となります。
あの〈ロードス島戦記〉の新シリーズということで期待は大。
時代を異にするということですが,どうなることか。
〈新ロードス島戦記〉あたりもこの機に復刊して欲しいものです。
後は『幽霊島』が楽しみ。
ブラックウッドやラヴクラフト等の平野呈一が翻訳した作品の短篇集。
怪奇小説好きとしては逃すことが出来ません。
『女子大生つぐみと邪馬台国の謎』は鯨統一郎の邪馬台国ものということで。
宮田さんと早乙女静香が登場しそうな気がするのですよねえ。
posted by 森山樹 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定