2017年01月09日

購入記録(2017.01.09)

加藤実秋 モップガール(3) 小学館文庫 ¥724
エレナー・アップデール 怪盗紳士モンモランシー(2)ロンドン連続爆破事件 創元推理文庫 ¥1,188

『モップガール(3)』は読了済み。
前巻から間が結構あったので人間関係を思い出すの時間がかかりました。
悪くはないんだけど,微妙なところも結構目立つ感じ。
加藤実秋の典型的な作品という印象があります。
『怪盗モンモランシー(2)』は前巻も未読。
恐らくは自分好みの雰囲気が漂うので早めに読みたいところです。
悪漢って格好いいよね。

〈2017年書籍購入覚書〉 計3冊
posted by 森山樹 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年1月書籍購入予定

01.06 加藤実秋 『モップ・ガール(3)』 小学館文庫
01.11 今橋理子 『江戸の花鳥画』 講談社学術文庫
01.12 ジュリー・ベリー 『聖エセルドレダ女学院の殺人』 創元推理文庫
01.13 田中芳樹 『ラインの虜囚』 講談社文庫
01.14 森晶麿 『僕に恋したカフカな彼女(1)』 富士見L文庫
01.20 市川哲也 『屋上の名探偵』 創元推理文庫
01.21 瀬那和章 『花魁さんと書道ガール(2)』 創元推理文庫

割と微妙な感じがする1月の新刊購入予定です。
期待は加藤実秋の『モップ・ガール(3)』かなあ。
シリーズ最終巻ということで如何にまとまるか楽しみ。
勿論,加藤実秋特有の昭和回顧な雰囲気も面白い筈。
後は森晶麿の新シリーズも一応読んでは見るつもり。
〈黒猫〉程に端整な物語だと嬉しいです。
田中芳樹の『ラインの虜囚』は何度も読んでいるけれど,やっぱり買ってしまいそう。
古き良き冒険小説を彷彿とさせる展開がたまらなく好きです。
posted by 森山樹 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2017年01月08日

購入記録(2017.01.07)

京極夏彦 書楼弔堂 炎昼 集英社 ¥2,052

『書楼弔堂 破暁』に続く〈書楼弔堂〉シリーズの第2作目。
今回も武蔵野晴明社は物語に関わってくるのでしょうか。
雰囲気は頗る好きなので続篇が描かれるのは嬉しいです。
前作とは語り手が異なっているのも興味深い。
腰を据えてじっくりと堪能したいと思います。

〈2017年書籍購入覚書〉 計1冊
posted by 森山樹 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2016年 新春の御挨拶

あけましておめでとうございます。
新春のお慶びを申し上げます。

というわけで,2017年の始まりです。
昨年は諸事情で更新が滞ってしまいました。
2017年は嘗ての更新頻度を取り戻したいと思います。
怠っていた本の感想も再開したいものです。

2016年は殆ど読書が出来ていません。
記録を取らなかったので何冊読んだのかも分からない有様。
その中で印象に残った本は後日取り上げたいと思います。

先ずは例年通りに回顧と抱負に取り掛かります。
改めまして本年も当ブログを宜しくお願いいたします。
posted by 森山樹 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2016年12月03日

2016年12月書籍購入予定

12.08 宵野ゆめ 『グイン・サーガ(140)ヤーンの虜』 ハヤカワ文庫JA
12.08 森晶麿 『人魚姫の椅子』 早川書房
12.12 エレナー・アップデール 『怪盗モンモランシー(2)』 創元推理文庫
12.12 クリスチアナ・ブランド 『領主館の花嫁たち』 創元推理文庫
12.16 白川紺子 『下鴨アンティーク 雪花の約束』 集英社オレンジ文庫

待望の〈グイン・サーガ〉の新巻が大変楽しみ。
豹頭王の戦いが如何なる方向へと進むのでしょうか。
此処に来て独自の登場人物が増えたのも好みであります。
少なくとも此処までは面白さを維持しています。
このまま進めて欲しいものです。
後は特段に注目する作品は多くないかなあ。
〈下鴨アンティーク〉も途中で止まっていますしね。
年末に幾許かは読み進めたいところであります。
posted by 森山樹 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定