2018年10月28日

購入記録(2018.10.28)

高田崇史 古事記異聞 オロチの郷,奥出雲 講談社ノベルス ¥950

〈古事記異聞〉の第2冊目。
前作は割と微妙だったけれど,今回はどうでしょうか。
一定の面白さはあると信じたいところ。
八岐大蛇が題材ということでしょうが,製鉄との関係が中心になるのかな。
手垢のついた主題だけに新たな切り口を示して欲しいものです。
〈QED〉と絡めてくれると嬉しいんだけどなあ。
posted by 森山樹 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2018年11月書籍購入予定

10.05 高田崇史 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 講談社ノベルス
10.26 榛名しおり 『幸福の王子エドマンド』 講談社
10.26 榛名しおり 『虚飾の王妃エンマ』 講談社
11.06 五代ゆう 『グイン・サーガ(144)流浪の皇女』 ハヤカワ文庫JA
11.20 宮澤伊織 『裏世界ピクニック(3)』 ハヤカワ文庫JA

10月分の買い残しも含めて。
『幸福の王子エドマンド』と『虚飾の王妃エンマ』は一対の物語とのこと。
1600円×2冊はちょっと痛いですが,舞台背景はかなり好み。
減退気味だった読書欲を刺激してきます。
〈古事記異聞〉はいつも通りの高田崇史作品の筈。
一定の満足感を得られることは保証されているでしょう。
〈QED〉初期程の驚きも相応に期待はしているのですが。
〈グイン・サーガ〉は前巻を読んだか思い出せません。
副題から考えると売国妃シルヴィアが主役なのかな。
こちらも早めに復帰したいものです。
posted by 森山樹 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2018年01月09日

購入記録(2018.01.09)

若竹七海 御子柴くんと遠距離バディ 文春文庫

2018年の初買いは若竹七海の新作となりました。
まあ,刊行自体は2017年ということになりますが。
〈御子柴刑事〉シリーズの第2作目,という認識でいいのかな。
いつも通りの毒っ気のある作品に期待したいと思います。
葉村晶を主人公に据えた作品も読みたいんだけどね。
彦坂夏見とか大好きだったんだけど,もう登場させる気はないのかなあ。

〈2018年書籍購入覚書〉 計1冊
posted by 森山樹 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年06月11日

2017年6月書籍購入予定

06.06 池上英洋 『美少女美術史』 ちくま文庫
06.06 阿部謹也 『中世の窓から』 ちくま文庫
06.08 加納朋子 『トオリヌケ キンシ』 文春文庫
06.12 M.ヨート 『白骨 犯罪心理捜査官セバスチャン(上)』 創元推理文庫
06.12 M.ヨート 『白骨 犯罪心理捜査官セバスチャン(上)』 創元推理文庫
06.21 エヴァンジェリン・ウォルトン 『強きものの島』 創元推理文庫
06.22 白川紺子 『下鴨アンティーク(6)』 集英社オレンジ文庫
posted by 森山樹 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2017年05月06日

2017年5月書籍購入予定

05.09 月村了衛 『機龍警察』 ハヤカワ文庫JA
05.11 フランシス・ギース 『中世ヨーロッパの騎士』 講談社学術文庫
05.17 井上真偽 『探偵が早すぎる』 講談社タイガ

かなり読書意欲が低下気味。
仕事の忙しさが一番の原因であります。
趣味活動に皺寄せが行くのは辛いですね。
とはいうものの,それが理由にはなりません。
もう少し意識的に本を読まねばね。
今月は多少は余暇が出来る筈。
更新も少しずつ増やしたいものです。
posted by 森山樹 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定